電子マネーやポイントと仮想通貨の違い

初めて仮想通貨に触れようとする時に勘違いしやすいのが、電子マネーやポイントカードのような物と同一と理解していますことです。これらと仮想通貨は似て非なるものだと理解しましょう。

 

電子マネーやポイントは価値変動がない

仮想通貨との大きな違いは、電子マネーやポイントには価値の変動はなく常に法定通貨と連動しているということです。電子マネーに1000円分チャージすれば1000円分の買い物が出来ますね。ポイントも同じように1000円分のポイントが貯まれば1000円分の買い物が出来る。対して仮想通貨は、ビットコインが1000円の時に1000円分のビットコインを購入したが、買い物をする時点でビットコインが5000円に価格が上がっていたら、5000円分の買い物が出来るようになります。逆にビットコインの価格が500円になっていれば1000円入れたのに500円分しか買い物が出来なくなるということです。

 

その他の違い

価値変動以外にも仮想通貨と電子マネーやポイントには違いあります。発行元が電子マネーやポイントには存在しますが、仮想通貨には基本的に存在しません。(中には存在する仮想通貨もあります。)そして、法定通貨との交換は電子マネーやポイントでは出来ませんが、仮想通貨では可能です。また、個人間の交換も電子マネーやポイントでは出来ませんが、仮想通貨では可能となっています。

 

ビットコインのデビットカードが普及

電子マネーやポイントとは違うというお話しをしましたが、デビットカードでビットコイン決済が出来るようにはなっています。VASAやMASTERの加盟店で利用可能となっており、直接ビットコイン決済が出来る店舗が増えるのを待つ必要もなくなって来ています。このビットコインデビットカードはアメリカでは既に普及し始めており、日本でも普及して来る可能性はあるのですが、元々日本でのデビットカード保有率は低く利用率に関してはほとんどないと言っても良いほどです。

仮想通貨の市場拡大を利用してデビットカード自体を普及させるということも可能になって来るのではと期待されているようで、今後の普及に期待しましょう。

 

関連記事

  1. 仮想通貨の投資を始める上での注意事項

  2. Airdrop情報!RedvolutionのREDVトークンが無料もらえます

  3. 2018年における投資の方向性

  4. Zaifの登録(口座開設)&入金方法と使い方

  5. おすすめの仮想通貨取引所!金融庁から認可登録済みの中で比較

  6. ドイツフランスに続きIMFも規制が必要と発言

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

大暴落中の2018年2月から30万円投資してみた結果

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

筆者

O-ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

目的から探す

  1. 保田小学校

    道の駅 保田小学校!鋸南町の廃校をリノベーションした癒しのタイム…

    2018.05.20

  2. ロボアドバイザーTHEOの始め方と資産報告【実績を公開します】

    2018.05.15

  3. 長期投資としてロボアドバイザーのWealthNaviを始めました。始め方…

    2018.05.11

  4. 自動車税

    千葉県の自動車税をクレジットカードで支払う方法

    2018.05.10

  5. 一休.comペア食事券

    母の日や父の日のプレゼント。今までに色んな物を上げて来てネタが…

    2018.05.10

ハードウェアウォレット【公式】


TrezorAffAd_300x250