ASOBICOINの買い方(購入方法)とエアードロップ

アソビコインの購入方法

仮想通貨界隈では国産コインが人気を博していますが、2018年に最も注目を集めているのがアソビモ株式会社のASOBICOIN(ABX)です。2018年7月4日からプレセールが始まりますが、プレセールでの買い方(購入方法)とエアードロップの情報を解説致します。その後にASOBICOIN(ABX)に付いてどんなものなのかをお話ししています。仮想通貨に始めて触れるという方でも分かるようになるべく難しい言葉は使わずに簡単に噛み砕いてお話しをしています。

ありがたい事に6月29日にアソビモ株式会社の近藤克紀CEOから直接Telegram内で、当記事をご紹介していただけました。

ASOBICOIN

 

ASOBICOIN(ABX)の良くある質問・疑問

ASOBICOIN(ABX)でこういう質問や疑問が出て来るだろうと思うものをピックアップして答えてみました。

日本人(日本居住者)でもASOBICOIN(ABX)を買えるのでしょうか?

買えます。購入はこちらから登録して行います。

ICOの規制に引っかからないのか?

アソビモ株式会社の見解としては、ASOBICOIN(ABX)は今のところゲーム内での課金用コインであり価値が固定されており、現金で購入する事が出来るので、前払式手段の適法範囲という事から引っかからないとしています。なお、現在のところ仮想通貨取引所への上場も決まっていないので、厳密には仮想通貨ICOではないという判断という事でしょう。

ASOBICOIN(ABX)の販売は海外の企業が行うのですか?

いいえ。ASOBICOIN(ABX)の販売は発行元であるアソビモ株式会社が行います。購入はこちらから登録して行います。

ASOBICOIN(ABX)は上場するのでしょうか?

上場に付いては公式には言及されていません。と言うか言及出来ないのでしょう。まずはASOBICOIN(ABX)の販売を当局から許可を得るには既に使い道があること、投資目的でないことなどがあると思いますから、後々に何かしらのアクションが公式からあると思われます。ただ、二次流通プラットフォーム上でASOBICOIN(ABX)は使われるので、現金化できないというのは無理がありますからね。後は想像してみて下さい。ちなみに、ASOBICOIN(ABX)はERC20トークンですから、DEXに勝手に上場されてしまうという事も考えられますね。

1ABX0.5ドルとの事ですが、購入時はドルで買うのですか?

ASOBICOIN(ABX)の購入は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、日本円で購入する事が可能です。

ASOBICOIN(ABX)には専用のウォレットがあるのでしょうか?

今のところ専用のウォレットは無いようですが、ERC20トークンになりますのでMyEtherWallet等で対応が可能です。

アドバイザーがいるって本当ですか?

はい。ブロガーのイケハヤさんとAppBankのマックスむらいさんがアドバイザーに就任しています。なお、東証一部上場企業の株式会社DLEがプライベートセールに参加しています。(プライベートセールとはプレセール前に行われていた販売です。)

最低購入額とボーナス付与の額を教えてください。

最低購入額は100ドル(約11000円)で、ボーナス付与されるのはプレセール期間で25%~30%です。なお、当記事内のリンクからご登録いただければ、更に5パーセント付与されます。

エアードロップは1回の大会で500万円相当のASOBICOINとありますが、1人で500万円相当のASOBICOINがもらえるのですか?

いいえ。エアードロップでは最大でも1人2000円相当のASOBICOINになります。(景品表示法の制限)チーム制でチーム全員で山分けですね。ですから、自分が弱くても強いと思うチームに入れれば勝てる可能性はあります^^どのチームに入るかはランダムに指定されます。

ASOBICOIN(ABX)を使える具体的なゲームタイトルを教えてください。

  • PROJECT エターナル(仮)
  • PROJECT A2 新作
  • アヴァベルオンラインⅡ(仮)
  • イルーナ戦記オンラインHD(仮)
  • イルーナ戦記オンラインⅢ(仮)

あくまでも対応予定ですが、上記のタイトルが上がっております。

どれくらいの枚数を販売しますか?

総発行枚数が3億枚に対して、その半分の1.5億枚がセールでは販売される予定です。

ASOBICOINを日本円で購入する際に間違った金額で請求書を作成してしまったのですが、取り消しは可能でしょうか?

特に取り消す必要はありません。正しい金額で作成し直して振込みをすれば問題ないようです。不要な請求書は放置で大丈夫です。

スマートフォンなどのウォレットはありますか?

既に開発されておりますが、今のところリリースはしていません。後々にリリースされると思いますので待ちましょう。

 

ASOBICOIN(ABX)の購入方法

ASOBICOIN(ABX)を購入するには、ASOBI COIN(アソビコイン)公式サイトから登録をする必要があり、登録後にビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、銀行振込のどれかの方法で購入する事が出来ます。なお、ASOBICOIN(ABX)の価格は1コイン0.5ドル(約55円)となっており、最低購入額は100ドル(約11000円)からとなっています。また、プレセールではボーナスが付き、7月4日15時から48時間限定のプレセールで最大30%、7月6日15時から10日間限定のプレセールで最大25%プラスされることになるのです。なお、当記事からのリンクからご登録された方には更にボーナス5%分が付与されます。プレセール期間中に購入出来る方はお得になりますね。なお、ABXの受取りにはイーサリアムに対応したウォレットが必要となりますので、MyEtherWalletを作っておきましょう。

  • 1ABX=0.5ドル(約55円)
  • 最低購入額100ドル(約11000円)
  • プレセール期間での購入で最大30%ボーナス(当記事のリンクからの購入で更に+5%付与)
  • スペシャル48時間プレセール期間7月4日15時から7月6日14時59分まで
  • プレセール期間7月6日15時から7月16日14時59分まで
  • 購入可能通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、日本円
  • ABXの受取りにはMyEtherWalletなどイーサリアムに対応したウォレットが必要
  • 総発行枚数は3億枚
  • 上場予定時期は言及されていませんが、9月末までにという憶測が飛び交っています

 

具体的な購入方法は、ASOBI COIN(アソビコイン)公式サイトにアクセスしたら、任意のメールアドレスとパスワードを入力して【登録】をクリックしましょう。

アソビコインの購入方法

 

同意事項にチェックを入れて【私は同意します、登録してください。】をクリック。

アソビコインの購入方法

 

登録済みと表示されたら

アソビコインの購入方法

 

先ほど登録したメールを確認するとASOBI COINからメールが届いているので【Eメール確認】をクリックして下さい。

アソビコインの購入方法

 

この様な画面が表示されるので、ログインしましょう。

アソビコインの購入方法

 

先ほどと同じようにメールアドレスとパスワードを入力して【ログイン】をクリック。

アソビコインの購入方法

 

これでASOBICOIN(ABX)を購入出来る画面に来ました。

アソビコインの購入方法

 

ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュでASOBICOIN(ABX)を購入する方法

仮想通貨で購入する場合は、1で【BITCOIN】【ETHEREUM】【BITCOIN CASH】のどれかを選び、2でABXの購入数量を入力します。購入コイン数を入力すると自動で必要となる仮想通貨数(画像ではBTC数)が表示されます。ボーナス欄も自動で付与される%が表示され、受け取るコインの合計欄にはボーナス付与分がプラスされた枚数が表示されます。最後に【支払先アドレスを確認してください】をクリックしましょう。(プレセール開始は7月4日15時です!)

アソビコインの購入方法

 

そうするとQRコードとアドレスが表示されますので、こちらに必要数を送金しましょう。

アソビコインの購入方法

 

日本円(銀行振込)でASOBICOIN(ABX)を購入する方法

仮想通貨は現状持っていないという方や仮想通貨の価格変動が気になるという方のために銀行振込での購入も可能となっています。こちらも先ほどと同じように1で【銀行振込】を選択して、2でASOBICOIN(ABX)の数量を入力して下さい。支払い額はドル表示されます。次に振込みをする銀行口座と同じ氏名を半角カタカナで入力しましょう。【この内容で請求書を作成】をクリックすればPDFがダウンロードされます。

アソビコインの購入方法

 

この様に振込金額と得られるアソビコインの数が表示されています。(画像はデモです。)

アソビコインの購入方法

 

下の方にスクロールすると振込先の記載がありますので、こちらに振込みをして下さい。振込期限がありますので注意して下さいね。

アソビコインの購入方法

以上でASOBICOIN(ABX)を購入する方法です。

>> ASOBI COIN(アソビコイン)を購入してみる

 

ビットコインキャッシュでABXを購入してみました。

イズムはプライベートセールにも参加したのですが、ロックアップ期間があるので、上場後すぐに売ることが出来るABXも持っておこうと思いプレセールにも参加することにしました。プレセールが開始されたので、Presale 48H Specialの期間内にビットコインキャッシュでASOBICOIN(ABX)を2000枚購入してみました。これにボーナスが付くので合計で2700枚です。(イズムはアフィリリンクを通して登録したので通常ボーナス30%に加えてプラス5%いただけました。)当サイトからの登録であれば通常ボーナスに加えて5%付与されます。

自動計算で出された価格は1.31337902BCH仮想通貨の価格変動に対応しているので、タイミングより表示される価格は変動します。(画像は送金前にテストで表示させたものですので、少し数値が違います。)【BITCOIN CASH】を選択して購入コイン数に2000と入力、そうすると自動で送金金額が表示されますよ。最後に【支払先アドレスを確認してください】をクリック。

ASOBICOINの購入方法

この様に送金先のQRコードとアドレスが表示されるので、送金しましょう。

ASOBICOINの購入方法

イズムは、bitbankでBCHを購入してそのまま送金しました。

ASOBICOINの購入方法

後はバランスに反映されるのを待ちましょう。

 

ASOBICOIN(ABX)を受取るウォレットの登録

ASOBICOIN(ABX)はイーサリアムのERC20トークンになりますので、イーサリアムに対応したウォレットが必要となります。アソビモが推奨しているMyEtherWalletを作成しておきましょう。そして、受取りアドレスをASOBICOINのプロフィールから登録しておきます。

プロフィールタブをクリックすると以下の様な画面に行きますので、MyEtherWallet等の受取りアドレスを入力、【ウォレットアドレスを更新】をクリックすれば完了です。

アソビコインの購入方法

 

二段階認証の設定

ASOBICOIN(ABX)を購入した後はセキュリティ対策も確りとしておきましょう。Googleアプリの二段階認証の設定方法を解説致します。

【プロフィール】ページへ行き、一番下部にある二段階認証の無効をGoogle2段階認証に変更して【プロフィールを更新】をクリック。

ASOBICOINの二段階認証の設定

登録してあるメールアドレスにASOBICOINから以下の様なメールが届いているので、GoogleのAuthenticatorアプリを起動して、QRコードを読み込みましょう。同時にYour private keyを保管します。(携帯を無くしたりした場合に使う鍵になります。)

ASOBICOINの二段階認証の設定

ASOBICOINのサイトへ戻りGoogleのAuthenticatorアプリに表示されている6桁の数字を入力し【確認】をクリックすれば完了です。

ASOBICOINの二段階認証の設定

普段と違う端末からログインしようとすると、GoogleのAuthenticatorアプリで表示されている数字6桁を入力すればログインすることが出来ますよ。

 

ASOBICOIN(ABX)のエアードロップ

エアードロップとは、広告の意味で発行された仮想通貨を不特定多数の方に配布する事です。ネット上で多額の費用をかけて宣伝するのであれば、無料で発行された仮想通貨を配布した方が認知されるという発想から、現在では仮想通貨界隈では主流となっている宣伝方法です。

ASOBICOINのエアードロップは1回ではなく、複数回に渡って色々な方法で実施されると予測されますので、ASOBICOINのTelegramTwitterに参加しておくことをお勧め致します。

アヴァベルオンラインで1000万円相当のASOBICOINエアードロップ

2018年6月29日と7月6日の20時よりAVABEL SUPER FIGHT!!が行われます。アヴァベルオンラインで3つのチームに別れて競い合う三つ巴バトルです。勝利チームには500万円相当のASOBICOINが付与されることになります。1人最大で2000円相当のASOBICOINがエアードロップされることになるそうです。参加するにはゲームをインストールしましょう。

その後も週毎に大会を開催して賞金は各500万円相当のASOBICOINがエアードロップされるようです。

アヴァベルオンラインのエアードロップ日程は以下の通り。

  • 7月6日20時~
  • 7月8日20時~
  • 7月15日20時~
  • 7月21日20時~
  • 7月29日20時~
  • 8月5日20時~
  • 8月12日20時~
  • 8月18日未定
  • 8月25日未定

 

TelegramやTwitter参加者へのエアードロップ

これはあくまでもイズムの予想でしかないですが、TelegramやTwitterの参加者にもエアードロップがあるかと考えています。正式な発表はないですが・・・^^;取りあえず色々な情報を収集しておくことが重要となりますので、ASOBICOINのTelegramTwitterには参加しておきましょう。参加しててよかったと思う時が来ますよ^^

 

アヴァベルオンラインでのエアードロップの具体的な参加方法

アヴァベルオンラインのエアードロップに参加してをASOBICOIN(ABX)を貰う方法を具体的な操作を含めて解説致します。細かいところまで画像添付するとすごい量になってしまうので、可能な範囲内で掲載していますから参考にどうぞ。画像を沢山使用して長いので通常は閉じていますので、見られる方は下記のエアードロップの参加方法を見るをクリックして下さい。

”エアードロップの参加方法を見る”

エアードロップの受け取り方

エアードロップの権利を得るとクーポンコードが貰えますので、そちらの番号を使ってエアードロップを受け取ることが出来ます。このクーポンコードは、オプション⇒運営メール⇒個別の中に届きます。未開封がある場合は画面左上に表示されていることもありますよ。

ASOBICOINダッシュボードにログインしてクーポンをクリックすると

クーポンコードを入力する画面が現れますので入力して【ADD COUPON】をクリック。

これでエアードロップ分のABXが受け取れます。

 

なぜASOBICOINが注目されているのか

2017年は日本でも盛んにICOが行われていましたが、金融庁の取締り強化などによって実質的に日本でICOをするということ自体が違法となってしまいました。ですが、ASOBICOINは唯一そういった規制をクリアして堂々と日本で仮想通貨の発行を行い販売まで行う事が出来ている仮想通貨なのです。そういったこともあり、仮想通貨界隈では今最も注目を集めているのです。

また、こういった背景以外でも発行された仮想通貨ABXが実需として使えるプラットフォームが用意されているなど、現実的であることも人気を博している理由でしょう。具体的にどういった事なのかを解説して行きますね。

デジタルコンテンツ業界に革命を起こす可能性を秘めている

国産コイン!規制をクリアした唯一の仮想通貨としてASOBICOIN(ABX)は注目されていますが、実は実需を伴うプラットフォームがもっと凄いんです。今はゲームや本を買う時はデジタルか現物かを選択すると思いますが、現物のゲームソフトや本であれば遊び終わった後、読み終わった後にメルカリやブックオフなどで現物を売却することは出来ますね。しかし、デジタルの場合は現物の物がなく情報だけになるので実質的に売却をするという事は不可能でした。

これを可能にするというのが、このASOBICOIN(ABX)という訳です。

デジタルコンテンツが売却することが出来ない理由は、所有権がどこにあるのかというのが明確でなかったからです。好き勝手に売買されてしまうと違法にコピーされてしまったりしてネット上で安価に取引をされるようになってしまいますよね。そうなるとオリジナルの販売元は売り上げが減り大きな痛手を負ってしまうことになります。ですから一度販売されたデジタルコンテンツは再販売は制限されていたんです。しかし、この所有権がどこにあるのかというのを明確に台帳に書き記す事で不正なやり取りをすることが出来なくなってしまえば現物と同じように中古のデジタルコンテンツを売買する事が可能となります。

そこでアソビモ株式会社が注目したのが仮想通貨のブロックチェーンという仕組みです。これは分散型の取引台帳を意味するのですが、複数のコンピュータで同じ情報を保有し合い改ざんや不正を許さないというシステムで誰がいつどれくらい動かしたのか、誰が誰にいつどれくらい売買したのかというのが分かってしまいます。このシステムを活かしデジタルコンテンツの所有権をブロックチェーン上に記録して行き、改ざんや不正をすることが出来ない状態にすることで、デジタルコンテンツの中古売買を可能にするという画期的なプラットフォームを実現させようとしているのです。

今まで不可能だったことを可能にするということ。

これはやりたいと誰もが思っていたことを実現させる事になるので、デジタルコンテンツ業界にとっては大きな革命が起こるようなものでしょう。これを理解している人がASOBICOIN(ABX)を保有したいと殺到しているという事ですね。ちなみに、このプラットフォームをASOBI MARKET(switex japan)と名付けているようです。デジタルコンテンツとは、ゲームソフト、ゲームアイテム、ゲームキャラクター、電子書籍、アニメ、音楽、映画、デジタルチケットなどのことです。

中古が売買出来てしまうと販売元や著作権者から不満が出るのでは?と思われますが、ここの辺りもアソビモはクリアにしていて、中古でも権利者には収益が入る仕組みになっているようです^^全員がWinな状態になるという事ですね。

必然的に需要が発生する仕組み

ASOBICOIN(ABX)はゲーム内課金の通貨として利用可能となる仮想通貨です。プレセールの価格は1ABX0.5ドル(約55円)ですが、ゲームの課金やプラットフォーム上で利用する時には倍の価値になるようになっていますので、1ABX110円相当になるのです。すなわち今まで110円で課金していたものがABXを購入してから課金をすると55円で110円のものが買えるようになるということ。

例えば毎月ゲームで50000円使っていた方は、ABXを購入して課金をすれば25000円で済むということになりますね。これがどんな流れを作るのかと言うと、アソビモ株式会社のゲームをする人は必ずABXを購入してから課金する、すなわち常に買い支えがあるという事を意味します。そして、ゲームのプレイヤーはABXを取引所で売却するのではなくゲーム上で消費するので売り圧力にはならないという事も言えますね。

アソビモ株式会社は、このASOBICOIN(ABX)は他社のゲームでも利用可能として行きたいと言っているので、ASOBICOIN(ABX)がゲームの主軸通過となれば、ゲーム人口の数だけ買いが入るという事です。これは面白そうですね。ちなみに、現在のアソビモのゲームユーザー数は1000万人(アクティブユーザーは数百万人)と言われていますので、この時点でも物凄い事が起きそうな予感がします。他社のゲームでもASOBICOIN(ABX)を使えるようにするという事ですが、現在はGoogleやappleのプラットフォームでゲームが展開されることが多いと思いますが、収益の30%ほどをプラットフォーム側に取られているそうなので、ASOBI MARKETのプラットフォーム上で他社ゲームを展開するのも手数料次第ではかなり現実的と言えるでしょう。ゲーム会社側でも新たなプラットフォームで収益率を高くしたいと目論んでいるはずですからね。

 

ASOBICOIN(ABX)の発行元は大丈夫?

仮想通貨と聞くと怪しいというイメージを持っている方も多いでしょう。確かに今まで仮想通貨を発行してきた組織や団体は不透明で怪しさ満載ということも多々ありました。しかし、ASOBICOIN(ABX)を発行するアソビモ株式会社はかなり規模の大きい企業であり、市場規模も大きなゲーム業界ですので、これからどんどん成長していく企業となるでしょう。

アソビモ株式会社の概要

所在地は、東京都豊島区池袋3-1-2、設立は2003年と現時点で15年続いています。資本金が4億8050万円、社員数が550名(海外にもパートナー企業として100名程度)と中規模な企業と言えるでしょう。アソビモ株式会社のホームページを見てみるとASOBICOINのことも確りと記載がありました。仮想通貨に興味がなくてもゲームに興味がある人でも保有という事があり得るという構図が見えて来ますね。

アソビコインの購入方法

なお、アソビモのゲームユーザーは1000万人といわれており、アクティブユーザーも数百万人規模ですし、売り上げ高は未公開ながら100億円以上はあると予測でき、これから大きく伸びる企業と言えるでしょう。しかも、今回発行される仮想通貨のASOBICOIN(ABX)は、既にあるプラットフォーム場で使えるようになるので、既存のゲームユーザーも使う事が濃厚です。ASOBICOIN(ABX)の認知度が増せば益々需要は高くなるでしょう。

 

ASOBICOIN(ABX)のまとめ

アソビモ株式会社は、ブロックチェーンを使いデジタルコンテンツの所有権を明確に管理し保護すると同時に二次流通(中古市場)のプラットフォームであるASOBI MARKETを提供する。そして、そのプラットフォーム上で使われる通貨はASOBICOIN(ABX)であり、ユーザー同士での売買も可能とする。ASOBICOIN(ABX)は、中古デジタルコンテンツの売買の他にもゲームアイテムなどゲーム内の課金にも使う事ができ、アソビモのゲームユーザーは1000万人(アクティブユーザー数百万人)いるのでASOBICOIN(ABX)は既に実需があり、他社のゲームタイトルでもASOBICOIN(ABX)が使えるようになれば更にユーザー数の拡大が見込める為に長期的に渡って成長していくプロダクトだと思われます。

なお、アソビモは世界的な展開も視野に入れている為に、デジタルコンテンツの二次流通システムは国際特許を出願済みであるという事も大きいでしょう。ゲーム業界の世界共通の通貨となればASOBICOIN(ABX)はどのような価値になるのかは想像しなくても分かりますよね。

仮想通貨は2009年に誕生しましたが、初期の頃からエアードロップは行われて来ました。今や1コイン数万円となったイーサリアムでさえも無料で配っていた時期があるのです。その配られた額は当時で数百円程度ですが、今の価値にすると数百万円とも言われています。発行されて間もない仮想通貨を手にすると言う事は将来的に大きな資産を手にする可能性があるという事です。ASOBICOIN(ABX)も初期の内から保有する事で大きな資産を築ける可能性を秘めていますから、まずは少しでも保有してみてはいかがでしょうか?

>> ASOBI COIN(アソビコイン)を購入してみる

 

この記事では、ASOBICOIN(ABX)に付いて、イズムが知り得る範囲で解説して来ましたが、購入を強制するものではありません。購入時の価格を将来的に下回る事も可能性としてはありますので、あくまでも参考として読んでいただき、購入するかどうかの判断は自己責任でお願い致します。

 

関連記事

  1. 変わりゆくICO

  2. 仮想通貨の価値

  3. 多くの人が仮想通貨を理解していない

  4. Airdrop情報!RedvolutionのREDVトークンが無料もらえます

  5. 企業や政府は仮想通貨をどう見ているのか

  6. 最近のZaifを見ていて思うこと

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

大暴落中の2018年2月から40万円投資してみた結果

筆者

O-ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

>>イズムのTwitter

目的から探す

  1. 楽天Rebates

    楽天Rebatesは他ポイントサイトを遥かに上回る還元率を叩き出すショ…

    2018.07.14

  2. 南アフリカランドのチャート

    南アフリカランドのスワップポイントを複利運用するのに適したFX会社

    2018.07.12

  3. はじめてのえいかいわえほん

    英語を学べるタッチペン絵本なら【はじめてのえいかいわえほん】一択

    2018.07.05

  4. エアー地下足袋の12枚こはぜで紺色(藍色)が売ってないから自作

    2018.07.03

  5. 高宕山自然動物園

    高宕山自然動物園で猿と触れ合おう!

    2018.07.02

ハードウェアウォレット【公式】


お勧め取引所