仮想通貨においてセキュリティとウォレットが重要な理由

仮想通貨の投資をする上で忘れてはいけないことがセキュリティ対策です。国内の取引所であったとしてもセキュリティが万全という訳ではないので、必須事項として2段階認証があります。通常の証券会社などとは違いまだ未成熟な市場である仮想通貨はハッカーにとって良い標的となってしまうんですね。記憶に新しいのがマウントゴックス社のハッキング破産事件でしょう。この真相は分かっていませんが、ハッキングによって取引所で保管していたビットコインの多くが盗まれてしまい多くの人が被害を被りました。

株式などは、証券会社の口座にそのまま置いておくというのが普通ですが、仮想通貨の場合は取引所自体がハッキングされ破産してしまうというリスクが常について回りますので、購入した仮想通貨は取引所に置きっぱなしにしないでご自身のウォレットに保管するようにしましょう。

ウォレットとは、財布ですが仮想通貨は電子データですので、そのデータを保存しておくソフトがあります。そのソフトに取引所から仮想通貨を送金して保管しておくことが出来るようになっているんですね。ウォレットの種類はネット上で扱うオンラインウォレットやオフライン状態で使えるローカルウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットの4つがあります。後程詳しくお話ししますね。

 

セキュリティ対策の基本

取引所のパスワードはなるべく長く複雑なものにすることが重要です。簡単に推測出来てしまうものだと不正ログインされてしまいます。ハッカーも仮想通貨を盗んでしまえばお金を盗んでいるのと同じですので、常にあらゆる手段を使い突破しようと試みているはずです。また、前述したように取引所には必ず2段階認証設定が出来るようになっているので、絶対に2段階認証を設定しましょう。

2段階認証とは

取引所の2段階認証とは、例えばパソコンから取引所へログインする際に、2段階認証を設定していなければIDとPASSを入力するだけでログインできますが、設定している場合は、IDとPASSを入力した後に操作しているパソコンとは別のスマートフォンなどで二段階認証アプリなどを使いそこに表示されている番号をパソコン側に入力することでログイン出来るようになっている仕組みです。ですから、もし仮にパソコン自体がハッキングされ取引所に不正ログインしようとしてもスマートフォンに表示されている番号がないとログイン出来ないということですね。

しかし、この2段階認証をも突破してくるハッカーは存在しているようです。2018年1月にはzaifという日本の取引所で不正なアクセスと送金がありハッキングされたことを明らかにしました。では、どうすれば良いのか?

 

ウォレットへの保管

すぐに売却する予定ということでしたら、取引所からウォレットへ移す必要性はありませんが、長期保有を目的に仮想通貨を購入したのであればウォレットでの保管をお勧めします。

前述したように、ウォレットは、オンラインウォレット、ローカルウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットの4つあります。この中で最もイズムがお勧めしたいのがハードウェアウォレットです。なぜなら、オンラインウォレットは常にネットに繋がっているのでハッキングされる可能性があります。(これでは取引所と何ら変わりありません。)また、ローカルウォレットはパソコンがハッキングされてしまうと同じように仮想通貨を盗まれてしまうことになります。ペーパーウォレットは完全に紙の状態になるので紛失の危険性や火事などで燃えてなくなってしまう可能性も否定は出来ません。

ハードウェアウォレットは、紛失などの可能性は同じ(リカバリーフレーズがあれば本体が無くなっても復元可能)ですが、利便性、安全性を兼ね備えたウォレットと言えます。ただし、ウォレット自体を購入しなければならないので、それなりの費用はかかってしまいますね。しかし、ハッキングの被害などを考えれば大した出費ではないのでこれくらいは投資しておく方が無難です。

ちなみに、イズムが使っているのは、フランスのLedger社が出しているLedger Nano Sです。

ledger nano s

 

Ledger Nano Sを購入する際に注意すべきこと

最近では仮想通貨の盛り上がりと共にハードウェアウォレットの需要が増し品薄状態となってきているようです。それに伴い偽物も出回ってきております。偽物のウォレットに送金してしまうと仮想通貨は戻って来ませんので注意が必要です。安いからと安易に飛びつくのはやめましょう。全仮想通貨奪われます。必ず公式サイトから購入するようにしましょう。しかし、フランスの会社ですので注文しても半月~くらい届くまでかかりますし、輸送費も上乗せされてしまうので、今のところ日本の正規代理店

での購入が最も良いと言えますね。(1月現在フランスのLedger社では売り切れで購入出来なくなっていますので、在庫がある日本の代理店で購入するようにしましょう。)

ledger nano s

Ledger Nano Sの対応通貨

ウォレットには対応通貨があり、通貨によっては入れることが出来ないこともあるので注意が必要です。購入前にどのような通貨に対応しているのかを把握しておきましょう。

BTC、BCH、BTG、DASH、LTC、ZEC、STRAT、DOGE、KMD、PIVX、VERT、VIA、HCASH、DIGI、QTUM、STEALTH、PosW、ETH、ETC、XRP、ARK、UBIQ、NEO、STELLAR、等、イーサリアムトークンに関してはMyEtherWalletを同期して保管することが出来ます。

 

関連記事

  1. ビットコイン(仮想通貨)を買うにはもう遅い?

  2. 仮想通貨の買い方!賢く売買し損をせずに利益を上げる方法と考え方

  3. 仮想通貨の投資家が利確しない理由

  4. TetherとBitfinexの疑惑で1月初旬の大暴落水準まで落ち込んだ仮想通貨市場

  5. 金融庁が認可している仮想通貨取引所

  6. 仮想通貨の投資を始める上での注意事項

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。






Liquid by Quoine

筆者

O-ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

>>イズムのTwitter

目的から探す

  1. 海外レンタカー注意点

    オーストラリア(海外)のレンタカーを予約する時の3つの注意点

    2018.11.09

  2. インターネットが繋がらない時の対処法

    突然インターネットが繋がらなくなった時の対処法。ルーターBUFFALO…

    2018.11.06

  3. オーストラリアの親子留学

    オーストラリアの親子留学でかかった費用を全て公開(出発前編)

    2018.11.05

  4. オーストラリアの親子留学

    オーストラリアへの親子留学で今のエージェントを探した方法と決め…

    2018.11.05

  5. 岩和田みなと祭り

    御宿の岩和田みなと祭りってどんなイベント?

    2018.11.04