鴨川市

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 魚見塚展望台
    • 房総半島
    • 自然観光

    鴨川の絶景を見るなら魚見塚展望台!子連れなら魚見塚一戦場公園も。

    鴨川の街並みや海岸線、そして鴨川松島の絶景全てを眺めることが出来るのが、魚見塚展望台です。イズムも存在は知っていたも…

  2. 波切不動の滝
    • 房総半島
    • 自然観光

    岩屋山波切不動尊の太海不動の滝は道の駅から気軽に散歩気分で行ける

    岩屋山波切不動尊にある太海不動滝に散歩して来ましたので、道順や注意すべき点などをお話ししたいと思います。この不動の滝…

  3. 鴨川オーシャンパーク
    • 房総半島
    • イベントお店グルメ自然観光

    鴨川オーシャンパークは周辺も楽しめる道の駅

    鴨川の海沿いにある道の駅、鴨川オーシャンパークは、道の駅だけでなく周辺の散策も楽しむことが出来ます。敷地はかなり大き…

  4. みんなみの里
    • 房総半島
    • お店グルメ観光

    みんなみの里が無印良品に。お洒落感はあるが田舎感はない。

    無印良品が運営する里のMUJIみんなみの里。元々は道の駅として運営されていたみんなみの里ですが、無印良品が運営するように…

    • 房総半島
    • 宿泊観光

    落ち着いた大人の雰囲気で日帰り露天風呂が堪能できる鴨川グランドホテル

    旅の疲れを癒してから帰路につきたいという方にお勧めの日帰り温泉のご紹介です。鴨川シーワールドのすぐ隣の鴨川グランドホ…

    • 房総半島
    • お店自然観光

    歴史を感じる手漕ぎ舟で渡る仁右衛門島

    昔ながらの手漕ぎ舟で渡る仁右衛門島には、歴史を感じる建物や句碑など多くの見どころがあります。子供連れでも広過ぎずに1周…

  5. 清澄寺
    • 房総半島
    • 宿泊自然観光

    日蓮宗大本山の清澄寺で静寂のひと時

    日蓮聖人が12歳の時に入山し20年の時を経て32歳で立教開宗の第一声を上げた清澄寺。日蓮宗大本山であるこの山寺は訪れる人へ…

  6. 四方木不動滝
    • 房総半島
    • 自然観光

    素晴らし過ぎる四方木不動滝。人里離れたエリアにひっそりと流れ落ちる夫婦滝

    四方木の秘境と言われている四方木不動滝。人里からかなり離れた山の中にあり訪れる人の姿もあまりないが、そこを訪れると存…

  7. 天津神明宮
    • 房総半島
    • 自然観光

    地元も知らない子宝神社!子授かりの天津神明宮

    御宿や勝浦の仲間内で子宝神社として知られているのが天津神明宮、ここを訪れた人はみんな子供を授かっています。我が家も2人…

  8. アースツリーカフェ
    • 房総半島
    • お店グルメ

    アースツリーカフェは子連れに優しい!木の温もりや素材本来の味を堪能できる自然…

    知る人ぞ知る鴨川の自然派レストランのアースツリーカフェ。お店の外観もそうですが店内も自然の温もりを存分に感じることが…

  9. 鴨川シーワールド
    • 房総半島
    • イベントお店グルメ宿泊自然観光

    鴨川シーワールドの駐車場と割引情報!実際に行って感じたこと

    房総半島の観光と言えば鴨川シーワールドと言われるほどメジャーな水族館ですが、実は駐車場が安くなったり無料になったりす…

  10. 大本山小湊誕生寺
    • 房総半島
    • お店自然観光

    鴨川のパワースポットで知られる日蓮生誕の地、大本山小湊誕生寺

    日蓮宗を開いた日蓮聖人が誕生、12歳までの幼少期を過ごしたのが小湊、その日蓮聖人の生家跡に建立された大本山小湊誕生寺。…

筆者

O-ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

目的から探す

  1. TCDテーマ

    TCDの有料WordPressテーマのBlogPressが無料ダウンロード可能!

    2019.03.23

  2. ウールワース

    オーストラリアに旅行してみて分かった。細かいけど知っておけば便…

    2019.03.15

  3. 蚊取スプレー

    海外旅行で持って行って良かった物、持って行けば良かった物。

    2019.03.03

  4. 日本円をオーストラリアドルへ両替

    ネット両替で円をオーストラリアドルにするのが一番お得な方法なの…

    2019.02.14

  5. childcare

    【体験談】オーストラリアへ親子留学。チャイルドケアに5歳の息子を…

    2019.02.12