筆者であるイズムに付いて

房総ismで記事を書いているイズムです^^

初めて、このブログに訪問していただいた方に房総ismの記事は誰が書いているのか?どういう人物が書いているのか?を知ってもらう為のページになります。ネット上の記事は星の数ほどありますが、中にはこれは本当か?という微妙な記事も存在しますよね。自分自身の記事がそうならない(適当な記事をイズムが書かない)為にも自分はこういう人物だという事を公表しておこうと思いペンを握りしめて(キーボードを打って)おります^^;

 

なぜペンネームをイズムにしたのか?

これ、どうでも良いという方は読み飛ばして次に行っちゃって下さいね^^;

ペンネームを考える際には、色々と悩みました。過去に他のブログで使ったことがある名前や本名で行こうかなど、あれやこれやと考えてみたのですが、全く決まらず、ブログ名の房総ismのismから単純にイズムということにしました。

房総ismとは?でお話ししたように、イズムには、移住してからも家族それぞれ個の強みを見つけ続けるという意味を込めていますので、その心を忘れないためにも自分なりに良い名前だと思い使うことにしたのです。

 

イズムの昔と今

ここではイズムが生まれてから社会人になって起業、そして移住するまでをかなり集約して書いています。ちょっと長いですが、色んな事件なども掲載していますので、面白おかしく読んでやって下さい。

生まれは田舎!

イズムが生まれたのは、兵庫県の片田舎です。歩いて数分のところに海があり港町?工業地帯?の間くらいな感じの田舎町でした。小学校低学年の時に親の転勤に伴い大阪へ引越し、そしてその2年後にまたもや親の転勤で神奈川県に引っ越して来ました。当時は言葉のイントネーションの違いで少し苦しんだ思い出はありますが、さすが小さな子供は自然と体で覚えてしまうんですね。数か月もすれば普通に標準語を喋れるようになっていたという記憶があります。

起業のきっかけは就職

その後は親の転勤もなくなり、親元を離れ一人暮らしをきっかけに就職することになりました。就職先は知り合いの紹介で出会った社長が経営していた賃貸不動産会社です。バリバリの客付け業者といった感じでしたね。仕事は朝一から夜中までという日々が続き、社会とはこんなものかと思い知ったのを記憶しています。そこで毎月百数十万円以上を個人で売り上げることとなるのですが、単純でバカだったイズムは、「この仕事なら独立出来てしまうのでは?」と考えるようになり、その数か月後に独立するなら他の会社で修業を積んで、確実に儲けられる知識と技術を習得してから独立しようと考え、退職を決意します。

イズムが選んだ次の就職先は、賃貸不動産の中でも客付けとは違う管理会社を選びました。客付けは管理会社が管理している賃貸不動産にお客さんを付けることで収益を上げますが、管理会社は管理することで収益を上げるというモデルです。どちらかと言うと大元である管理会社の方が儲かるのではないか?という考えから管理会社への就職を決めたのです。その会社では会社自体が小さいこともあり、1年ほどで管理者クラスまで昇進することが出来、その2年後には役員にまでなれました。しかし、この会社に入った目的は独立する為と決めていたので、5年勤めた後に退職し自分の会社を立ち上げました。

起業後は順調だが・・・

東京の目黒区に小さな事務所兼店舗を借りスタートしたのですが、景気も良く最初の2年は順調に成績を伸ばし苦しむことなく(実際には色々と辛いこともありましたが、人間は都合の悪いことは忘れてしまうものです^^;)会社の規模を大きくすることに成功しました。3年目に入る頃には社長であるイズムのやるべきことは特になくなり、毎日モンモンとした暇な日々を過ごすことになります。そんな日々を半年ほど過ごした後に、このままではダメだ何か新しいことをやろうと思い立ちます。そこで以前の会社の上司であった方に相談するとネットで稼げるということを教えてもらい、インターネット事業を開始することにしました。

複数のメディア運営をはじめインターネット事業も軌道に乗り始めたのですが、Googleの仕様変更などもあり収益は安定しませんでした。そこで複数運営していたメディアを止めてひとつのサイトに力を注ぎこむことにしてからは、何とか順調に収益を上げることが出来るようになって来ました。

結婚後は苦難の連続

イズムのお仕事のお話しばかりでしたが、この頃に今の奥さんと出会う事になります。奥さんは超エコ派な人間で自然が大好き食べ物もオーガニック大好きという感じの人だったので、最初はかなり引きましたが慣れる様になり、元々イズムもサーフィンが好きということもあったので、自然は大好きという共通項からとんとん拍子で結婚まで進みました。

ここから結構ハードなことがイズムの周りで起こり始めます。新婚旅行に行っている間に社員から連絡があり、「会社が空き巣に入られた」と。「マジか!?」幸いなことに被害は30万円ほどで済み保険のカバーもあり、ほぼ無傷で済みました。なぜ、このタイミング・・・という気持ちはありましたが、何とか酷いことにはならずに良かったです。

その1年後に長男が誕生するのですが、長男の誕生から1週間後に会社の全てを任せていた社員が辞めたいと言い出し、結局すぐに退職することになりました。会社にはほとんど行っていなかったイズムですが、これをきっかけに会社に行くようになりますが、この頃から子育てを意識するようになり、このまま東京で子育てをしていて良いのだろうか?と考えるようになります。

そこから2年後のある朝に会社に行くと会社がなくなっていたという事件がおきます。なくなっていたと言う表現はおかしいですが、会社の屋根や壁がなくなり中が丸見えの状態になっていたのです。そう火事です。隣にあったクリーニング屋が燃えてうちの会社にも燃え移り全焼してしまったのです。電車に乗っている時に社員からやたらと着信があるから何だ?とは思っていたのですが、まさか火事だとは想像も出来ませんでした。

この時にもお金に関しては保険でカバーされたので問題ありませんでした。ただ、書類やパソコンなどがほぼ燃えてなくなってしまったので、今後の営業をどうするか?というのがきつかったですね。ただ、幸いなことにパソコンは燃えて溶けている状態だったのですが、中に入っているハードディスクは生きておりデータを取り出すことが出来たので、すぐに他の場所に事務所を借りて通常通り営業をすることが出来るようになりました。

この頃のことを今思い出すと、精神的に疲れることが多く不動産の仕事に対しても疲れを感じていたのだと思います。

移住のきっかけは長男の誕生と家を買っちゃったこと

長男が生まれてから、数年間に渡って子育てと仕事に付いて考えて来ました。奥さんとも今後どうするのかを何度も話し合い、至った結論は田舎に移住するということでした。しかし、移住するにしても不動産の仕事もありますし、田舎に行ったとしてもどうやって稼ぐのか?ということが障壁となっていたのです。

会社が火事にあった後から、この様に考えるようになり田舎にいても稼げる仕事は何だと散々考えて手を出すようになったのが投資です。まずは株にチャレンジしてみましたが資産を減らすだけでダメでした。次に不動産の仕事をしている強みを活かそうと不動産投資に挑戦してみたのです。そうすると良いじゃないですか。今考えてもイズムにピッタリあっていた感じがしますね。古い戸建てを購入して自分で直せるところは修復し、知り合いのリフォーム業者に修繕してもらい貸し出します。これまでに貯めて来た資金もあったのですぐに2棟購入し不動産投資を開始しました。それにインターネット事業の収益を合わせれば、田舎でも暮らして行くことは出来ると判断して、長男の幼稚園入園に合わせて2017年4月に完全移住することにしたのです。

完全移住と言ったのは、移住先である御宿町には2016年6月には既に移住用の家は買ってあり、週の半分は田舎暮らしを開始していたからです。購入した戸建てはこれです。少し値段交渉して五百数十万円で購入して、全額20年ローンで月の支払いは2万円ちょっとです。これならどんな状態になっても払って行けると考えたのを今でも覚えています^^何気なく見に来た家を気に入ってしまい即購入とういう衝動買いに近い買い方でしたが、今となっては買っておいて良かったとしみじみと感じています。

不動産のお仕事はというと社員は会社にいてもらい遠隔で仕事をしていた感じでしたが、これにも限界はあるなと感じていたので、1年ほど不動産事業の売却先を内々で探していたところ、知人の紹介で出会った不動産会社の社長に買いたいと言っていただけたので、2017年12月に売却することになりました。

これで収入は、インターネット事業、不動産賃貸、その他投資による収益という状態になったのです。その他の投資とは、株式投資や事業投資、仮想通貨投資などです。仮想通貨に関しては、2017年に大きな利益を生んでくれましたが、2018年に入り大暴落に巻き込まれてしまい2017年の仮想通貨で出した利益はほぼ吹き飛んでしまっている状態です。まぁ、今後どうなるかは分かりませんが、長期目線で見れば必ず上がると予測していますので、あまり焦ってはいません。

移住の障壁は仕事

イズムが実際に移住するまでに障壁となったのは、やはり仕事です。東京で仕事をしながら田舎で暮らすという選択肢もありましたが、数か月間やってみて思ったことは限界があるということ。また、田舎に行ったとしても最低限の生活費は必要です。その生活費を稼ぐために2年ほどの時間が必要となりました。これは貯めるとかではなく、定期的な収入を田舎にいても得られるような仕組み作りに費やした時間です。

移住をしたくても出来ないという方は多くいると思いますが、事前に準備をして計画的に行動をすれば必ず移住をすることは出来ます。中には何も考えずに取り敢えず移住してしまうという方もいると思います。それで成功すれば良いですが、そういった方の中にはすぐに都会へ戻ってしまう人も多くいるのです。そういったことがない様に、少しでも移住に対するお手伝いが出来ればという想いも込めて、この房総ismの記事を書いています。

 

移住したから幸せというのは嘘

田舎暮らしをすればスローライフが待っている、移住したから幸せ何てのは真っ赤な嘘ですよ^^:

田舎暮らしでスローライフを送れるのは、リタイアした人だけ。移住したから幸せなのではなくて、移住後にやりたいことをやってるから幸せなんです。田舎に行ってもやりたいこと何てない、そんな人が田舎に移住したら家と遠い仕事場の往復だけで人生終わってしまいますから^^;田舎に移住するなら明確な目標を持ってからが良いと思いますよ。

イズムの場合は、自然豊かな場所で子育てしたい!サーフィンしたい!DIYしたい!ちょっとだけ農業したい!もっともっと沢山したいことがあるから、今幸せなんです。田舎暮らしをしているのに、なぜか毎日忙しい日々を過ごしています。でも、やりたかったことなので楽しいんですよね。庭のタイル貼りが終わったら玄関廊下の床貼りがしたくなり、それが終わったら押し入れのカビ対策をしたいと、あれが終わったらこれをやりたいと次から次へとやりたいことが出て来るんですよね。イズムの超大作としては、倉庫のオフィス化ですね。これは数か月かけて作業したのですが、その期間は大変だったけど楽しかったな~と今でも思い出します。

イズムのダメなところは、作業を優先して記事を書かないこと。簡単な記事は個人用のブログで書いているんですよ。でも、この房総ismで確りと全容を書くのが遅いんですよね。まだ、書いていないことはウッドデッキの造作とかサーフボード置き場の造作などですね。既に作り終わっているのに、まだ記事にしていない・・・やりたいこと多すぎなんですよ。

話しはそれましたが、移住したら幸せになれる何て単純に考えてはいけません。田舎に来てやりたいことがいっぱいあるから、目的があるから楽しいんです、幸せなんです。まぁ、人が少ないってだけでイズム的には正直楽なんですけどね。月に一回は仕事で横浜に行くのですが、それが結構苦痛だったりもします。

 

イズムは好きな様に生きています。

イズムは、一日一生。

朝日が昇り1日がスタートしますが、これを生涯のスタートとし、陽が沈むことを生涯の終わりとするという日々を過ごす様にしています。人生は1度きりです。1日1日を大切にして、やりたいと思う事をし、悔いの残らないようにしようという想いで過ごしています。移住を決意したのもそうです。1回しかない人生ですからやりたいと思ったことをやらずに終わらせていたら後悔しか残りません。だから、好きな様に生きようと決めたんです。

それによって苦しんだとしても良いじゃないですか。やらないで苦しむよりも、やってみて苦しんだ方が何倍楽なことか^^;

先ほど、何も考えずに取り敢えず移住してしまう方の中には、都会に戻ってしまう方が多くいるというお話しをしましたが、これも本当は良いのだと思います。なぜならチャレンジした結果がそうだったというだけなんですからね。それもまた人生、敷かれたレールに沿って生きて行くだけよりも楽しいですよ。きっと^^

このイズムのプロフィールを読んでくれている方の中には、移住を考えている方もいると思いますが、行動を決める時にはやりたいと思い浮かんだことを優先して良いと思います。いきなりは怖いという方は、取り敢えず賃貸借りて週末だけ田舎に行っても良いじゃないですか。我が家の場合は、移住を決断する前に田舎に家を買ってしまっていますからね。最初はサーフィンのついでに何とな~く家を見に来たんですよ。そしたら海から歩いて3分、少し高台、日当たりも抜群、家の中も思ったよりは綺麗というので、奥さんが気に入ってしまい(イズムも気に入ってましたね^^;)即購入という流れになったんです。

それがきっかけで完全移住にまで繋がっているんですから、思い浮かんだことをやってみるというのは、実は大切だったりするんですよね。

と、まぁ、こんな感じのイズムですが、最後に家族を紹介して締めたいと思います。

  • 我が家の大黒柱、イズム。私です。
  • 我が家の隠れた支配者、天然奥さん。
  • 2013年生まれの暴れん坊長男。
  • 2018年生まれの長女。どんな子に育つか分かりません^^

房総半島の記事は、基本的にこの4人または3人で行った場所を掲載しています。

 

イズムに関しては、田舎に移住して1年で感じたこと。でも書いていますが、移住する上で知っておくと役立つことを書いていますので、これから移住を考えている、移住を夢見ている方には読んでおいて損はないと思います^^

 

筆者

O-ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

>>イズムのTwitter

目的から探す

  1. 海外レンタカー注意点

    オーストラリア(海外)のレンタカーを予約する時の3つの注意点

    2018.11.09

  2. インターネットが繋がらない時の対処法

    突然インターネットが繋がらなくなった時の対処法。ルーターBUFFALO…

    2018.11.06

  3. オーストラリアの親子留学

    オーストラリアの親子留学でかかった費用を全て公開(出発前編)

    2018.11.05

  4. オーストラリアの親子留学

    オーストラリアへの親子留学で今のエージェントを探した方法と決め…

    2018.11.05

  5. 岩和田みなと祭り

    御宿の岩和田みなと祭りってどんなイベント?

    2018.11.04