岩屋山波切不動尊の太海不動の滝は道の駅から気軽に散歩気分で行ける

波切不動の滝

岩屋山波切不動尊にある太海不動滝に散歩して来ましたので、道順や注意すべき点などをお話ししたいと思います。

この不動の滝は、鴨川オーシャンパークという道の駅から徒歩で行ける距離にありますので、子連れでも大丈夫です。

イズムも1歳弱の娘と5歳の息子を連れて行きましたが、何の問題もなく行くことが出来ましたよ。

 

車は道の駅の駐車場に停めてしまって大丈夫です。

波切不動の滝

道路側に向かいこちらの階段を上り、信号があるので道路を渡りましょう。

波切不動の滝

渡った先に奥に続く道路があるので、そちらに進むとすぐに岩屋山 波切不動という看板が見えて来ると思いますので、この細い道を進みます。

波切不動の滝

こんな感じの舗装された通路を歩いて行きます。

波切不動の滝

 

するとすぐにJRの線路にぶつかりますので、ちょっと右に進み向こう側に通路があるところから渡りましょう。

波切不動の滝

ちなみに、ここの線路には踏み切りと警報器はありません。ですので、いきなり電車が来る可能性があるので目視で良く確認してから渡るようにして下さい。小さな子供を連れて行く時は必ず手を繋ぐか抱っこをしましょう。

波切不動の滝

 

線路を渡りちょっと坂を上ると波切不動尊に到着です。霊場と書かれているのが怖いですが・・・

波切不動の滝

ちなみに、この辺りからの眺めは良いですよ~

波切不動の滝

 

進むと建物があるので、その横を通り下りに差し掛かった辺りで不動の滝が見えて来ます。

波切不動の滝

水量はそこまで多くないですが、ザーッと水が流れる音は確りと聞こえて来るはずです。

波切不動の滝

右側にあるのが波切不動尊で左側が不動の滝になります。

波切不動の滝

波切不動尊は岩山をくり抜いたところへ建てられているようですね。

波切不動の滝

右横に階段があったので上がってみると

波切不動の滝

おっ、こんな洞窟が

波切不動の滝

横に回ってみると洞窟ではなく恐らく昔の水道?的なものでした。

波切不動の滝

 

上に戻り滝と反対側に行くと下へ降りる事が出来る階段らしきものがありました。

波切不動の滝

見てみるとかなり階段というか急な坂になっており危険と判断。

波切不動の滝

したのに息子が勝手にどんどん進んでしまうので追いかけるはめに^^;こちらの写真は少し降りて上を見上げた写真です。急な角度分かりますか?ちなみに、降りる際にイズムは滑り手をついてしまいました・・・娘を抱っこしながらは厳しい。

波切不動の滝

更に息子は進んでしまい川までたどり付きました。

波切不動の滝

滝の方へ、向かってみますが、冒険気分で楽しくなったのかどんどん先に行ってしまう息子^^;

波切不動の滝

滝壺近くまで行き見上げた時の不動の滝。

波切不動の滝

 

滝を堪能した後は反対側も行きたいという事になり下流へ歩くことになりましたが、すぐにトンネル。

波切不動の滝

水かさがなかったので、端っこを歩けば歩けそうなのでトンネルの先まで行ってみました。

波切不動の滝

この先は完全に水かさ増えているので無理ですね^^;

波切不動の滝

ちなみに、トンネルを抜けたところには上の線路へ登ることが出来る梯子がありましたが、線路沿いを歩かないとダメなので危険です。大人しく元の来た道を戻りましょう。

波切不動の滝

 

気軽に散歩出来ると思い来たのに、大変な冒険となってしまいました。

滝壺周辺は良い雰囲気ですが、降りるのは危険も伴いますので、あまりお勧めはしません。

もし、行かれる際は自己責任で行って下さいね^^;

 

岩屋山波切不動尊の太海不動滝のアクセス

千葉県鴨川市江見太夫崎

 

鴨川オーシャンパークからの案内図を掲載しておきますね。

波切不動の滝

 

   

お勧め記事

関連記事

  1. 田舎に移住して2年で感じたこと。

  2. 勝浦の隠れた秘境「鵜原理想郷」で軽いハイキングと大冒険を体験しよう

  3. 大原はだか祭り商店街渡御

    大原はだか祭りは汐ふみ大別れ式と見どころ満載!実際に行ってみて分かった駐車場や交通規制

  4. 波音日和

    波音日和。海を眺めながら時間を忘れて過ごす極上の空間

  5. 養老渓谷

    小さな子供でも大丈夫!養老渓谷の中瀬遊歩道ハイキングコース省略版

  6. 観音桜

    ハイキングを楽しみながら行ける観音桜(里山から行く山の中の一本桜)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




筆者

著者イズム

房総ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

 

投資用戸建情報共有はTwitterで行っています。

>>イズム@戸建投資

イベント投稿

無料で房総半島のイベントを告知出来ます。

>>イベント投稿フォーム

目的から探す

  1. 再建築不可の戸建

    戸建投資(不動産投資)で高利回りでも購入してはいけない物件

    2019.10.12

  2. 戸建投資用物件の建物価格

    戸建投資(不動産投資)で狙うべき利回り

    2019.10.11

  3. 鎌ヶ谷市の人口数予測

    戸建投資(不動産投資)を始めるエリアの選び方

    2019.10.09

  4. イズムが購入した戸建

    不動産投資用の中古戸建の探し方

    2019.10.08

  5. 戸建投資

    戸建投資(不動産投資)は安定収入で最強だと感じた

    2019.10.07