マザー牧場は動物だけじゃない!園内の魅力を全公開

マザー牧場

千葉の観光施設と言えば、鴨川シーパラダイスかマザー牧場を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

マザー牧場と言えば、動物というイメージが強いと思いますが、実際に行ってみると動物との触れあい以外にも楽しいことがいっぱいあったので、園内にはどんな魅力があるのかをお話ししてみたいと思います。

ただ、正直なところ園内が広過ぎて1日では周りきれませんでした^^;子供の体力を考えると1日で半分くらいを周るのがやっとといったところです。

ですので、子連れの場合は、事前にどこを周るのかを明確にして訪れた方がストレスなく楽しむことが出来そうですね。

 

マザー牧場の料金と割引き

マザー牧場は駐車場と入園料が、それぞれ別にかかって来ます。

駐車場は普通車1台で900円です。

マザー牧場

入園料は、大人(中学生以上)が1500円、子供4歳以上が800円で3歳以下は無料となっています。

マザー牧場

入園料とツアーや遊園地のフリーパスがセットになったものもありますが、我が家は不要と考えて入園料だけを支払いました。

マザー牧場

入園料を安くしたいなら、セブイレブンかローソンで前売り券を買う事で大人150円、子供100円割引き出来ますよ^^

他にも、デイリーPlusでたまに大人200円子供150円割引をやっていたり、イオンクレジットカードやチーパスを提示することで大人100円子供50円割引きなどもしているので、コンビニによるのは面倒という方は、他の割引きを利用してみても良いですね。

ちなみに、セットにすると既に割引きが効いているので割引きサービスはありません。

 

マザー牧場でどんな体験が出来るの?

ここからは、マザー牧場で実際にイズムと子供たちが体験して来たことをお話しさせていただきますね。

 

牛の乳搾りはギリギリに行こう

牛の乳搾りは、無料で出来て子供の大喜びするのでお勧めです。

マザー牧場

こんなトンネルを抜けた先にありますよ。

マザー牧場

スタッフの方に聞くとレクチャーしてくれるので、コツを事前に教えてもらおう!

マザー牧場

教えてもらった通りにすれば、勢い良くお乳が出て来る^^

マザー牧場

この牛の乳搾りは、時間が決まっていますのでうしの牧場に向かう際は注意しましょう。また、混んでいる日は最後の方に並ぶのが良いですね。最初の方だとサクッと絞って「はい、終わり~」って感じですが、最後尾辺りだとゆったり出来ますし、中には何度もやっている子もチラホラ。

 

動物への餌やりは売り切れに注意

園内には、このように餌を上げても良い動物の柵の前には、餌の自動販売機が設置されています。が、しかし餌の量が決められているので、混み合っている日だと売り切れになってしまっている事もあるようです。

マザー牧場

というのも、イズムたちも購入しようとしたら売り切れとなっていました^^;ところが、お隣にいた優しい方が「どうぞ~」と餌を分けてくれました。息子も餌を上げることが出来て大喜び^^餌をくれた方ありがとうございました!

マザー牧場

餌を買うならお早めに・・・

 

小動物にタッチ!

大きなウサギや

マザー牧場

更に大きなウサギ

マザー牧場

モルモットなどにタッチすることが出来る、うさモルハウスというところがありますよ。

マザー牧場

多くの子供たちにバシバシたっちされていたので、可哀想になってしまいイズムは触れませんでした^^;

マザー牧場

こちらも時間制ですが、無料で開放されますよ。

 

シープショーは早めに行き前の方へ座ろう

アグロドームという大きな施設でシープショーが行われていますが、後ろの方だと正直小さくて見えづらい。

マザー牧場

世界中の羊の紹介から毛刈りまで見れるので見応えは充分です。

マザー牧場

途中でワンちゃんが会場内を走りまわるので、それを間近でという方は、中段の通路の一番前辺りが目の前をワンちゃんが走り抜けて行くので、子供も興奮してくれると思いますよ^^

こちらも無料です。

 

動物以外にも魅力はある!と冒頭でお話ししていますので、動物以外でも楽しめたことをここからはお話しさせていただきますね^^

 

美味しい本場のジンギスカン

お昼はファームダイナーというジンギスカンのレストランに行きました。

マザー牧場

お値段もそこまで高くなく4人家族でたらふく食べて5000円~7000円くらいです。

マザー牧場

ただ、混雑日はレストランも混み合い並ぶので早めの行動が吉ですね。

マザー牧場

お味はと言うと、牛肉は微妙でしたので、やはり折角なのでラム肉をいただきましょう。

 

勇気のある方はバンジージャンプにチャレンジ

前述したファームダイナーの少し先にはバンジージャンプがありますので、勇気のある方はチャレンジしてみて下さいね。

マザー牧場

イズムたちは誰一人として飛びませんでした^^;でも見ているだけで恐怖感が伝わって来て楽しいですね。

 

みんな大はしゃぎウォーターバルーン

これは子供たちは大はしゃぎ、時間制でそれなりの料金はしますが、みんな楽しそうに遊んでいました。

マザー牧場

バンジージャンプのすぐ横にありますよ。

 

迷路は簡単過ぎるかな

カード迷路ぐるり森大冒険という巨大迷路がありますが、大人には簡単過ぎて微妙ですが、5歳の子供でも一人でスイスイ行けてしまうので楽しそうではありました。

マザー牧場

三角屋根のところに行くとクイズもあるので、子供に挑戦させてみて下さいね。

マザー牧場

 

ソフトクリームは食べるべし

すっごい寒い時期に行ったのに食べたくなってしまうのが、マザー牧場のソフトクリーム。

マザー牧場

美味しくいただきました^^

マザー牧場

 

暗くなるまで待つ価値があるイルミネーション

夕方になって来て子供たちも疲れて来たのですが、暗くなるとイルミネーションが点灯し始めるので待ちましょう。

マザー牧場

恐らく期間限定だと思うのですが、毎年やっていると思います。

マザー牧場

写真だと伝わらないですが、かなり綺麗ですよ。

マザー牧場

こういった光のトンネルは子供に大うけ。カップルにも良いですね。

マザー牧場

 

わくわくランドはフリーパスなしでも良いかな

マザー牧場にはわくわくランドというミニ遊園地がありますが、そこまで大きくない割にはフリーパスが高いという印象だったので我が家は買いませんでした。

マザー牧場

ちょいちょい乗ったとしても、マザー牧場自体が大きく、遊園地に居れる時間も限られるのでフリーパスを買わなくて正解でした。

マザー牧場

お友達家族はガンガン乗っていましたが、フリーパス以上のお金はかからなかったとのこと。

マザー牧場

マザー牧場といえば自然や動物がメインですから、こういった機械的なものは忘れて自然を満喫しましょう!

 

自分にもお土産を買おう

園内にはお土産屋と言うか売店がいくつかあります。

マザー牧場

牧場ならではのチーズが豊富ですので、自宅用のお土産としていかがですか?我が家は牛乳なども買って帰りました^^

マザー牧場

 

イズムたちが周ったエリアは園内全体の3割に過ぎない

上記記事中でご紹介している、イズムたちが実際に行って体験したエリアは以下の地図の赤枠内です。

マザー牧場

マザー牧場は、イズムたちが周ったエリアの3倍くらいの大きさがあるので、小さな子供を連れて全て周りきるのって無理ですね^^;

まぁ、これだけでも充分楽しめるには楽しめますが、もっとという方は事前に周るエリアやアトラクション、見るイベントなどを絞り込んでおく方が良いでしょう。

 

周れてないけど楽しそうなエリアやイベント

ここからは、イズムたちが周り切れなかったけど楽しそうだな~と思うエリアをご紹介してみたいと思います。

 

マザーファームツアー

有料ではありますが、入園料とセットで購入すればお得に参加が可能です。

普段立ち入れないエリアに行けて通常では見れないことを体験できるのが魅力ですね。

マザー牧場

 

ひつじの大行進

牧羊犬が100頭を超える羊を誘導するひつじの大行進は見ごたえありそうですね。

ただ、1日に1回しかないようですので注意しましょう。

マザー牧場

 

こぶたのレース

小さなこぶたがレースをする様子を見る事ができるんですが、3歳~小学生ならこぶたを追いかけるレースに参加することも出来るようです^^

マザー牧場

 

花の鑑賞

季節により綺麗な花が園内で見ることが出来ます。

お花に囲まれた子供の写真は家族の宝物になりそうですね^^

マザー牧場

 

フルーツ狩り

トマト、いちご、ブルーベリー、サツマイモ、キウイフルーツなど季節に合わせてフルーツ狩りが出来ますよ。

マザー牧場

 

この他にもジップラインや手作り体験(お菓子やクラフト作り)、キャンプやコテージに泊まることも出来るみたいです!

実際に行ってみても、まだまだ触れられていないエリアばかりなので、また行ってみたくなってしまいますね^^;

 

マザー牧場へのアクセス

マザー牧場

千葉県富津市田倉940-3

0439-37-3211

最新情報や詳細はマザー牧場のホームページをご覧下さい。

 

   

お勧め記事

関連記事

  1. コツを掴めばタケノコ堀りは簡単!?使う道具と突き方

  2. シラハマアパートメント

    潮風を感じながらゆったりとした時間を過ごせるシラハマアパートメント

  3. ドン・ロドリゴ上陸地

    気軽に自然を満喫できるドン・ロドリゴ上陸地

  4. 歴史を感じる手漕ぎ舟で渡る仁右衛門島

  5. パンとお菓子のカーニバル

    おちちやのパンとお菓子のカーニバルは自然派におすすめ

  6. 蓮沼ウォーターガーデンのプール

    蓮沼ウォーターガーデンに行ってみて割引や駐車場で分かったこと

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




筆者

著者イズム

房総ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

 

投資用戸建情報共有はTwitterで行っています。

>>イズム@戸建投資

イズムは不動産業界歴17年、会社経営12年、戸建投資歴5年になります。

イベント投稿

無料で房総半島のイベントを告知出来ます。

>>イベント投稿フォーム

目的から探す

  1. ネットサーフィンするだけで稼げるBraveブラウザ【超簡単】

    2019.11.15

  2. ローンシミュレーション

    現金で買うか融資を組むかで大きく変わる戸建投資戦略(年100万円貯…

    2019.10.28

  3. 戸建投資(不動産投資)本

    戸建投資(不動産投資)の始め方【初心者向け】

    2019.10.25

  4. 広角レンズの一眼レフカメラ

    【空室対策】賃貸物件(戸建)の空室が埋まらない時の理由と対処法

    2019.10.18

  5. セゾン自動車火災保険の支払い件数

    不動産投資(戸建投資)物件に火災保険と地震保険は掛けるべき理由

    2019.10.17