GMOコインの登録(口座開設)&入金方法と使い方

gmoコイン

GMOという会社名は、ネット上で良く聞く名前ですね。それもそのはず国内の大手のIT企業ですから多くのサイト上で広告を出していますので、インターネットを使っている方であれば一度は見たことがあると思います。そんな大手企業のGMOインターネットグループの子会社が作った取引所がGMOコインになります。

GMOコインの登録方法

GMOコインは、他の取引所とは違い本人確認書類をインターネット上にアップロードする必要もないので安心です。登録は簡単3STEP!

  1. メールアドレスとパスワードの登録
  2. 個人情報の登録
  3. 郵送物の受取りと身分確認

郵送物を受け取る時に本人確認を行いますので、身分証明書をネット上にアップロードすることなく手続きを済ませることが特徴ですね。

まずは、こちらからGMOコインの登録画面へ行きましょう。

 

メールアドレスとパスワードの登録

トップ画面で「無料口座開設」を選択します。

口座開設の画面に行ったら、メールアドレスを入力して□にチェックを入れて「無料口座開設」をクリックしましょう。FacebookやGoogleのアカウントで口座開設することも出来るようですが、セキュリティ的に微妙なのでGMOコイン独自のアカウントを作っておきましょう。

この様な画面が出て来たら、登録したメールを確認して下さい。

GMOコインからメールが届いているはずですので、本文内のURLをクリックします。もし、メールが届いていない場合は迷惑メールフォルダを確認してみて下さいね。

パスワード設定画面に行きますので、任意のパスワードを2回入力しましょう。パスワードの強度が表示されていますので、「強い」となるまで英数字を入れた方が良いですね。最後に「設定する」ボタンをクリックします。

これでメールアドレスとパスワードの登録は完了しました。続いて口座を開設して行きます。

 

GMOコインへのログインと2段階認証の設定

まずは、次の画面で先ほど登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

ログインすると、電話番号による認証画面が出て来ますので、あなたの携帯電話を入力して「コードを送信」を押して下さい。

電話番号が間違っていないか確認して、「コードを送信する」をクリック。

あなたの携帯にSMSがGMOコインから送られ来ます。その中に6桁の数字が書かれていますので、その数字を

SMSで認証する画面の「2段階認証コード」に打ち込み「認証する」ボタンをクリックします。

これで認証が完了しました。続いて「開設申込へ進む」をクリックしましょう。

 

GMOコインの口座開設

口座開設申込画面に行きますので、個人情報を入力して行きます。名前、生年月日、性別、住所、取引目的、職業、国籍。

最後に質問事項の回答を選択、規約への同意をして「確認画面へ」をクリックします。

先ほど入力した内容に間違いがないか確認して、問題がなければ「確定」をクリックしましょう。

次に本人確認方法の選択です。冒頭でもお話ししましたが、GMOコインはネット上に本人確認書類のアップロードをせずに郵送物の受取り時に本人確認をするという方法もありますが、他の取引所と同様に本人確認書類をアップロードする方法もあります。これはどちらでも構いませんが、2の「受取時に本人確認をする」の方が楽ですね。

2を選択した場合は、次の画面で「受取時本人確認を確定する」をクリックすれば完了です。

後は、数日待てば以下の様な書類が届きますので、受取り後にログインして記載してある「口座開設コード」を打ち込めば口座開設完了になります。

>> GMOコインに登録してみる

 

GMOコインのセキュリティ強化

GMOコインの場合は、口座開設時にSMS認証の設定をする流れになっているので、既に二段階認証が設定されているのですが、SMSでは心配という方は、ログイン後に「口座情報」の「セキュリティ」をクリックして、「2段階認証」のタブを選択し、「アプリへ変更」から手続きをして下さい。また、ログイン時にも二段階認証を利用した場合は、右側の「利用する」を選択して「保存する」をクリックすれば設定することが出来ますよ。

 

GMOコインへ日本円を入金する方法

GMOコインへ日本円を入金する方法は2つあり、ひとつが即時入金、もうひとつが振込入金になります。

 

即時入金

ログイン後に「入出金」の「日本円」をクリックして、タブが「即時入金」になっていることを確認します。赤枠の金融機関を選択して手続きを進めて行きます。

入金したい額を「入金額」欄に入力して「入金開始」をクリック。

指定の金融機関のサイトへ移りますので、そちらのサイトでログインして手続きをして下さい。ちなみに、GMOコインの口座名義と金融機関の振込み名義は一致しないと入金が反映されませんので、ご注意下さい。

 

振込入金

こちらはとても単純です^^上のタブを「振込入金」に変えて表示された振込先へ、あなた名義で振込みをすれば完了です。

 

GMOコインでビットコインを買う方法

GMOコインで仮想通貨を購入する方法は至って簡単です。ログイン後に「トレード」の①「仮想通貨現物売買」をクリックして、②でどの仮想通貨を購入するか選択します。③で日本円でいくら分買うのか金額指定するか、仮想通貨をどれくらい買うのか数量指定するか選択して、数値を入れて、④の「購入」ボタンをクリックすれば完了です。

 

GMOコインは初心者または上級者向き

御覧の通り仮想通貨の現物売買は、販売所形式なっており、かなり初心者向きになっています。簡単に購入することが出来る反面でスプレッドが広く手数料が多い事が分かりますね。上記のビットコインを見ても分かるように、購入価格が894,441円で売却価格が864,441円となっており、購入してすぐに売ると30,000円の損になります。これだけGMO側が手数料として取っているということです。もっと安く買いたいとなればbitbankZaifなどへ登録して購入するのが良いでしょう。

また、ここでは説明していませんが、GMOコインは仮想通貨FXをすることが出来ますので上級者向きという面も持ち合わせています。

GMOコインは、とにかく簡単に仮想通貨を保有したい安心して預けて置ける取引所が良いという方に向いていると思います。上場企業の子会社が運営している取引所ということもあり破綻の心配などもほぼないと言えるので、超初心者の方には重宝する取引所です。

>> GMOコインに登録してみる

 

関連記事

  1. 仮想通貨(ビットコイン)とは

  2. 長期投資としてロボアドバイザーのWealthNaviを始めました。始め方と実績を定期的に公開

  3. コインチェックの日本円出金は2月13日から再開か

  4. 仮想通貨においてセキュリティとウォレットが重要な理由

  5. 1月16日に起きた2018年初の仮想通貨大暴落!なぜ起きたのかを振り返ろう

  6. 最近のZaifを見ていて思うこと

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

大暴落中の2018年2月から40万円投資してみた結果

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

筆者

O-ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

>>イズムのTwitter

目的から探す

  1. 赤山地下壕跡

    館山海軍航空隊の赤山地下壕跡に行って来ました。

    2018.06.19

  2. アロハガーデンたてやま動物園

    アロハガーデンたてやまで動物と触れ合おう!雨の日は植物園で癒さ…

    2018.06.19

  3. 給湯器無料設置

    戸建のガス給湯器を無料で設置してもらう方法

    2018.06.12

  4. 法人税をクレジットカードで支払う方法

    法人税をクレジットカードで支払う方法。注意すべき点は1つのみ

    2018.06.08

  5. 田舎に移住して1年で感じたこと。

    2018.06.07

ハードウェアウォレット【公式】


お勧め取引所