金神の滝。15分程度の気軽に行けるハイキングコース

金神の滝

養老渓谷の中にはいくつもの滝がありますが、その中でも気軽に行ける金神の滝をご紹介します。

この金神の滝は、個人(滝見苑の社長)のイズム有地内にあるようですが、常にオープンになっていますので誰でも気軽に行くことができます。駐車場から15分程度の散策で滝までたどり着くことが出来ますので、小さな子供でも大丈夫です。

駐車場はごりやくの湯とごりやく亭の駐車場を使うことができます。

金神の滝

駐車場から道路側から更に奥側に滝への入口があり、同時にごりやく亭の入口ともなっているようです。

金神の滝

入口横にはさざれ石が置かれていました。説明は現地にて読んで下さいね!

金神の滝

ごりやく亭は炭火焼料理と書かれていますが、バーベキューのお店のようです。

金神の滝

ごりやく亭の脇に金神の滝方面へ向かう道があり、この板を渡らせただけのぺたぺた橋を渡ります。

金神の滝

橋の上に立つと足元を流れる水の音が思った以上に迫力あり、わくわくして来てしまいます^^子供はちょっと怖がるかも。

金神の滝

橋から養老川上流。右手にはごりやく亭があります。

金神の滝

結構、ごりやく亭の建物の下が崩れていますが、大丈夫なのでしょうか^^;川岸ギリギリに建っているのでバーベキューをしながら川をまじかに感じられるので楽しそうですね。

金神の滝

橋を渡ったすぐ左手には小さめの滝がありました。この滝は川回しの滝と言われているようで、100年以上も前に人間の手で造られた用水路だそうです。ここも細かい説明は現地にて書いてありますので、そちらで読んでみて下さいね。

金神の滝

進むと芝生が開けて来ますが、ここを真っ直ぐ行くと比較的平坦な道で滝まで行くことが可能です。この左手に池があるのですが、その池沿いを行くコースは山道になり少々険しい道のりになりますが、どちらを通っても楽しめますよ^^イズムたちは険しい道の方を選びました。

池の横には餌箱。

金神の滝

この池は、満願成就池と呼ばれているようです。細かい説明はありませんでしたが、餌の袋に水が入った状態で木やロープに括り付けてありました。こうすると願いが叶うなどあるのでしょうか?

金神の滝

ここから山道に入ります。

金神の滝

すぐ左手に鳥居があり、百国来頭山と書かれていました。こちらも細かい説明はありませんでした。

金神の滝

山道は思ったよりも狭く細いです。小さな子供は注意して下さい。

金神の滝

下を見下ろすと川と遊歩道が見えます。

金神の滝

最後に山を下ると滝への入口です。

金神の滝

上から眺めた金神の滝。

金神の滝

まじかから眺めた金神の滝。

金神の滝

この日は水量もあり迫力ある滝に感じました。日照りが続くと水量は少なくなってしまうようですので、雨が続いた後の晴れた日に来るのがベストですね。ちなみに、滝の周りには土の神、水の神、太陽の神が祀られています。

金神の滝

滝の下から後ろを振り返るとぽっかりと開いた穴がありました。

金神の滝

知恵の穴と呼ばれているようです。昔人間が掘った隊道ですね。

金神の滝

遊歩道方面へ少し戻り振り返ると鳥居と滝と緑のコントラストが美しい^^

金神の滝

川の方へ降りる道もありましたので、行ってみます。

金神の滝

子供たちが川に向かった石を投げています。大人も子供も川を見るとどうしても石を投げてみたくなるんですね^^

金神の滝

左手には先ほど滝側から見た知恵の穴があります。

金神の滝

足元は悪いですが、中に入れますね。

金神の滝

中も階段になっており通路がありました。

金神の滝

金神の滝と知恵の穴の両方を写真に収めてみました。

金神の滝

養老川の上流側。

金神の滝

下流側。人が誰もいなくなると水の流れる音と滝の音だけになり、癒されますね。

金神の滝

帰りは遊歩道を通りました。

金神の滝

遊歩道の脇は崖になっており、結構危険ですから早めに通り過ぎた方が良いかも知れません。

金神の滝

足元はこんな石の欠片が無数にありましたので・・・^^;お気を付けて。

金神の滝

一番最初の芝生につながる道に出て来ました。

金神の滝

真っ直ぐ進むと

金神の滝

左手に何やら滝があります。

金神の滝

養老川の対岸に大きな滝。金神の滝が30メートル以上ありましたが、こちらは20メートルほどでしょう。この辺りは川の流れが激しいので注意しましょう。声も川の音でかき消されてしまうほどです。

金神の滝

ここを真っ直ぐ行くと左手にごりやく亭が出てきてお終いです。

金神の滝

こちらが岩の露天風呂が楽しめるごりやくの湯になります。

金神の滝

休日は多くの人で賑わいそうですね。

金神の滝

少々、観光地価格ですが、食事もできるようですので、金神の滝を見て休憩がてら立ち寄るのも良いかと。

金神の滝

金神の滝は、金と付きますがお金の金ではなくお米の稲穂を表しているようです。この水で田を耕し金色の稲穂を育て収穫をお祝いする、そんな意味の滝なのかも知れません。この滝を訪れて、日頃の疲れを忘れて自然に戯れる時間もたまには良いですね。

 

同じ養老渓谷内では、中瀬遊歩道も楽しいですよ^^また、メジャーな滝じゃなくてもっとマイナーな滝に訪れたいという方は、こちらの四方木不動滝がお勧めです。平日なら人の姿はほとんどありませんので、貸し切り状態で滝を堪能することができますよ。

 

金神の滝

千葉県夷隅郡大多喜町粟又176(金神の滝に住所はないので、ごりやくの湯の住所です。)

 

関連記事

  1. 天津神明宮

    地元も知らない子宝神社!子授かりの天津神明宮

  2. 大本山小湊誕生寺

    鴨川のパワースポットで知られる日蓮生誕の地、大本山小湊誕生寺

  3. かんぽの宿勝浦

    日帰り温泉(露天風呂)ならここ!眺望が素晴らしいかんぽの宿勝浦

  4. 養老渓谷を散策した後の癒しに、ごりやくの湯の日帰り露天風呂

  5. 馬と触れあい命の尊さを学ぶマーサファーム

  6. 安房神社

    房総半島で最も金運が上がると言われる安房神社。日本三大金運神社のひとつ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

筆者

O-ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

目的から探す

  1. 保田小学校

    道の駅 保田小学校!鋸南町の廃校をリノベーションした癒しのタイム…

    2018.05.20

  2. ロボアドバイザーTHEOの始め方と資産報告【実績を公開します】

    2018.05.15

  3. 長期投資としてロボアドバイザーのWealthNaviを始めました。始め方…

    2018.05.11

  4. 自動車税

    千葉県の自動車税をクレジットカードで支払う方法

    2018.05.10

  5. 一休.comペア食事券

    母の日や父の日のプレゼント。今までに色んな物を上げて来てネタが…

    2018.05.10