横浜アンパンマンミュージアムに行くなら実質無料の駐車場がおすすめ

横浜アンパンマンミュージアム

先日、奥さんがみなとみらいで用があった為、横浜へ行ったので横浜アンパンマンこどもミュージアムに行って来ました。普段は房総半島にいるので、あまり駐車場料金などを気にしないのですが、横浜に行くと駐車場料金ってどこも高いですよね。アンパンマンミュージアムの周辺も例外ではなく1時間500円、1日最大1,500円とかが相場なので、もっと安いところは無いかと探したところ実質無料で停めることが出来る駐車場がアンパンマンミュージアムのすぐ目の前にあったので、情報を共有したいと思います。

実質無料の駐車場はアルカエフ駐車場

実質無料で停めることが出来る駐車場は、アルカエフ駐車場というところです。

横浜アンパンマンミュージアム駐車場

地図を見て分かると思いますが、横浜アンパンマンミュージアムのすぐ目の前ですね。

 

駐車場なので当然ながら通常は料金がかかりますが、駐車場に併設されているジョナサンやキッズオブトレジャーで2,000円以上の買い物をすれば1時間半無料となります。また、2,000円以下でも500円以上であれば1時間無料となります。

横浜アンパンマンミュージアム駐車場

 

このシステムを利用して、我が家ではジョナサンでお昼の食事をして1時間半の無料をゲットしアンパンマンミュージアムを利用しました。

横浜アンパンマンミュージアム駐車場

大人2人と子供2人だったのですが、やはり軽く2,000円は超えてしまいますね。

横浜アンパンマンミュージアム駐車場

 

また、ジョナサンではなくキッズオブトレジャーで子供服や下着など、どうせどこかで買うものを購入しても良いかと思います。その方が時間を取られなくて良さそうですね^^;

横浜アンパンマンミュージアム駐車場

店内には子供服がズラッと並んでいます。

横浜アンパンマンミュージアム駐車場

 

横浜アンパンマンミュージアムには、キッズオブトレジャーの横を抜けて道路を渡ればすぐです。

横浜アンパンマンミュージアム駐車場

ちなみに、アンパンマンミュージアム併設の駐車場はありますが、かなり割高ですのでお勧め致しません。また、他の駐車場も徒歩で5分くらいは離れてしまうので1日中停めるという方以外は微妙ですね。

ただし、このアルカエフ駐車場は、無料の1時間半を超えると平日で30分毎に300円加算されて行くので注意が必要です。土日になると30分500円なので六本木並ですね。ですので、3時間以上ゆっくりと回りたいという方は、周辺の1日最大料金の設定がある駐車場へ停めましょう。

アンパンマンミュージアムでの食事

ジョナサンではなくキッズオブトレジャーで買い物で済ませた方は、アンパンマンミュージアムで食事をするのも良いですね。アンパンマンミュージアムの中には数多くのショップが並んでいますが、食事が出来るお店も多くありますよ。

 

定番であるジャムおじさんのパン工場。

横浜アンパンマンミュージアム

アンパンマンキャラクターのパンがズラッと並んでいますよ~。ただ、甘いパンが多いので買い過ぎには注意しましょう。

横浜アンパンマンミュージアム

入口すぐのANPANMAN&PEKO’S KITCHENは平日にも関わらず激込みでしたので時間に余裕がある方のみ使いましょう。

横浜アンパンマンミュージアム

モールの中にもいくつか食事が出来るお店がありました。

横浜アンパンマンミュージアム

横浜アンパンマンミュージアム

横浜アンパンマンミュージアム

横浜アンパンマンミュージアム

 

ふらふらと歩いているとアンパンマンが現れました^^

横浜アンパンマンミュージアム

ちなみに、イズムの息子は5歳になるのですが、さすがに5歳にもなるとアンパンマンミュージアムもあまり面白くないようで1時間ほどで飽きてしまったようです。娘は訪れた時は9か月なのでイズムの背中でスヤスヤと眠っていました^^;次は娘が2歳~3歳くらいの時に来た方が良さそうですね。

 

関連記事

  1. アースツリーカフェ

    アースツリーカフェは子連れに優しい!木の温もりや素材本来の味を堪能できる自然派レストラン

  2. 子供の海外旅行保険の節約

    子供の海外旅行保険の料金を93%オフにした方法

  3. pondok pundi village

    バリ島のウブドに泊まるなら自然と街両方を満喫できるpondok pundi villageがお勧め

  4. 網戸枠に網張り

    網戸を自作して虫の侵入を防ぐ!トイレの窓編

  5. オーストラリアの親子留学

    オーストラリアの親子留学でかかった費用を全て公開(出発前編)

  6. パンとお菓子のカーニバル

    おちちやのパンとお菓子のカーニバルは自然派におすすめ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。






Liquid by Quoine

筆者

O-ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

>>イズムのTwitter

目的から探す

  1. Cafe BIG ONE

    山の中で極上のバーガーが楽しめるCafe BIG ONE。

    2018.12.04

  2. ジョイフル本田

    房総半島でDIYするなら材料はジョイフル本田で仕入れよう

    2018.12.03

  3. ウッドデッキの作り方

    費用約16,000円で簡単にウッドデッキを作る方法。シンプルに安くを…

    2018.12.03

  4. 赤ちゃんの証明写真

    赤ちゃんのパスポート写真の撮り方と申請時に分かったこと。

    2018.12.03

  5. Aiseesoft DVD作成

    【実体験】iPhoneやパソコンにある動画をDVDに焼くことが出来るおす…

    2018.11.26