コインチェックが出金再開について言及

 

2月4日追記

コインチェックが新たに日本円出金の見通しに付いてプレスにて報告しました。安全に引き出しが出来るように確認中。顧客の資産は専用口座で保全。預かり仮想通貨に付いてもオフライン状態で保管している。とのことですので、特に進展はないですね。少しでも安心させようとしている報告なのでしょう。

2月2日にはコインチェックへ金融庁の立ち入り検査が入りましたが、今のところ金融庁からは特に進展報告はありません。

また、コインチェック元社員と名乗る方がネット上の掲示板へ、コインチェックは破産申請を準備しているとの告発とも取れる内容が公開されています。この真偽は不明ですが、こういったことも最近の下落要因のひとつになっていると思われます。

 

2月1日

コインチェックがハッキング被害にあってから、4日が経ちました。コインチェックでXEMを保管していた方に対する補償に付いては既に1月28日に現金でお返しすると言及はありましたが、コインチェックへ預けているお金やその他の仮想通貨の出金に付いては言及されていませんでした。

イズムも気が付いていないかった(メールが来ていなかった)のですが、1月30日にコインチェックのプレスで出金再開に付いて少しだけ報告があったようです。

出金再開の予定につきまして

出金の一時停止はコインチェックが自主的に行っている措置で、安全が確認でき次第再開を予定しているとのこと。数日以内に今後の見通しを発表するとあります。

 

イズムの仲間内でも多くの人がコインチェックに大なり小なり資産を置いてしまっていたので、今後本当に事業を再開するのか、出来るのかと不安の声が上がり始めていました。お知らせが来るのが待ち遠しいですね。

 

なお、コインチェックは未だ金融庁の仮想通貨交換業者への登録はなされてはおらず、今後の動向が気になるところです。登録が完了しないのは匿名通貨を扱っているからという話しもあるので、XMR、ZEC、DASHは上場廃止となる可能性も否定できません。海外の取引所でも取り扱いがる通貨ですので売却が出来なくなるということはないですが、一時的な暴落には注意が必要となるでしょう。

 

関連記事

  1. 2018年こそ本当の仮想通貨バブルが起こるのか!?

  2. 仮想通貨大富豪たちは大暴落の度に資産を増やしている事実

  3. 仮想通貨の投資家が利確しない理由

  4. カジノのルーレット必勝法

    カジノのルーレット必勝法!フィリピンのマニラでの実体験

  5. コインチェックの日本円出金は2月13日から再開か

  6. ビットコイン(仮想通貨)を買うにはもう遅い?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

大暴落中の2018年2月から40万円投資してみた結果

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

筆者

O-ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

>>イズムのTwitter

目的から探す

  1. 赤山地下壕跡

    館山海軍航空隊の赤山地下壕跡に行って来ました。

    2018.06.19

  2. アロハガーデンたてやま動物園

    アロハガーデンたてやまで動物と触れ合おう!雨の日は植物園で癒さ…

    2018.06.19

  3. 給湯器無料設置

    戸建のガス給湯器を無料で設置してもらう方法

    2018.06.12

  4. 法人税をクレジットカードで支払う方法

    法人税をクレジットカードで支払う方法。注意すべき点は1つのみ

    2018.06.08

  5. 田舎に移住して1年で感じたこと。

    2018.06.07

ハードウェアウォレット【公式】


お勧め取引所