楽天Rebatesは他ポイントサイトを遥かに上回る還元率を叩き出すショップあり!

楽天Rebates

楽天Rebatesとはどういったものなのか、また、他のポイントサイトよりも還元率は高いの?使う意味ってあるの?という疑問に答えたいと思います。

結論から言ってしまうと、楽天Rebatesを使う意味は大いにあります。ただし、ショップにより大きくポイント還元率が違って来るので、これから買い物をするショップが楽天Rebates内で何%の還元率なのかを確認して、他のポイントサイトよりも高ければ使うという方法が良いですね。

>> 楽天Rebatesを使ってみる

楽天Rebatesってどんなのも?

楽天RebatesはアメリカのEbatesを楽天が買収し、Ebatesを基に日本人向けに作ったポイントサイト(キャッシュバックサイト)です。いつもの買い物をこの楽天Rebatesを経由するだけで、楽天スーパーポイントが付与されます。

仕組みは、お客さんが楽天Rebates経由でお買い物をすることで、楽天はお客さんを送客したという事になり、ショップから例えば8%の報酬が入ります。そして、その8%の中の5%をお客さんにポイントとしてバックする訳ですね。ショップとしては売り上げがあがる、楽天としては報酬が入る、お客さんはポイントバックされるという3者全員がWinな関係にあります。

多くのポイントサイトがこれと同じ仕組みです。じゃあ、どのポイントサイトでも同じなのでは?という疑問が出て来ると思いますが、ポイントサイトによっってポイント還元率が違ったり、扱うショップの種類が違ったりしますので、基本的にはポイントサイトを使い分けることが重要となって来ます。楽天Rebatesの特徴として同じショップでも他のポイントサイトよりも遥かに上回るポイント還元率を維持しているショップがあります。

 

楽天Rebatesのデメリットを知ろう

そんな楽天Rebatesですが、良いことばかりではありません。デメリットとまでは行かないものの運営が楽天であるが故に不便になってしまっている部分があるのです。ざっと上げるとこんな感じです。

  • キャッシュバックされたポイントは全て楽天スーパーポイントとして付与される。
  • 楽天市場の広告がない。
  • 楽天のライバルとなる大手のYahoo!ショッピングやamazonの広告はない。
  • アンケートや会員登録、資料請求などのポイントバックはない。
  • 大元であるアメリカのEbatesに比べるとポイント還元率に劣る。
  • 18歳未満は親の同意があったとしても利用不可となっている。

キャッシュバックされたポイントは全て楽天スーパーポイントとして付与される。

買い物をしてバックされるポイントは全て楽天スーパーポイントとして付与されることとなりますので、直接現金化したりすることは出来ません。ですので、楽天Rebatesを使うのであれば楽天会員であるという事が条件になって来ますね。楽天は一切使っていない、楽天スーパーポイントは貯めていないという方の場合は利用自体が厳しいでしょう。

楽天市場の広告がない。楽天のライバルとなる大手のYahoo!ショッピングやamazonの広告はない。

楽天Rebatesと楽天が冠として付いているにも関わらず楽天市場や楽天トラベルなどのショップ広告はありません。例外として楽天デリバリーや楽天ビューティー、楽天koboなどはありますが、あまり使わないですよね^^;

同じように楽天のライバル企業が運営しているYahoo!ショッピングやamazonの広告もありません。まぁamazonに関してはどこにも無いので仕方ないですね。しかし、Yahoo!ショッピングがないのは痛い。楽天だから仕方ないのかも知れませんが、ユーザビリティが落ちるのは当然です。

アンケートや会員登録、資料請求などのポイントバックはない。

他のポイントサイトでは良くあるアンケートに答えるとポイントGet、FXなどの口座開設でポイント付与、資料請求をするだけでポイントが貰えるなどのサービスはありません。あくまでもショッピングをした事によるキャッシュバックとなります。ですので、基本的にいつもの買い物を楽天Rebates経由でするだけという事です。

大元であるアメリカのEbatesに比べるとポイント還元率に劣る。

楽天Rebatesは、海外ストアも扱っているのですが、本家でもあるアメリカのEbatesと日本の楽天Rebatesを比べるとポイント還元率は、アメリカのEbatesの方が上回っています。海外ストアを使う事を主に考えているのであれば楽天RebatesではなくアメリカのEbatesを使った方がお得でしょう。しかし、海外ストアはあまり使わない、海外のポイントサイトに不安があるという方は楽天Rebatesを使えば良いですね。

18歳未満は親の同意があったとしても利用不可となっている。

ここは致し方ないと言ってしまえばそれまでなのですが・・・まぁ、ネット上のものですので何とでもなってしまいますけどね^^;

 

この様に楽天Rebatesには微妙な点も多くありますが、使わないところは使わないと決めてしまえば、これらのデメリットも回避することは出来ますので、上手くポイントサイトの選択をする必要があるでしょう。逆に言えば上手く選択すれば美味しいところだけ享受出来るということですね。

 

楽天Rebatesのメリット

楽天Rebatesの悪いところを沢山上げてしまいましたが、これらのデメリットを凌駕するほどのメリットもあるので、多くの方が楽天Rebatesを使っている事実があります。では、どんなメリットなのか見てみましょう。

  • 他のポイントサイトにはない広告がある。
  • 他のポイントサイトを上回る高還元率の広告が多数ある。
  • ポイントアップキャンペーンが随時行われる。
  • ポイントの有効期限は実質永久。
  • ポイント交換手数料が無料。

他のポイントサイトにはない広告がある。

楽天RebatesはアメリカのEbatesを買収した事で日本版として始まっているので、独自の広告があるのが特徴です。海外ストアのeBay、Macy’s、ASOS、shopbopなど他のポイントサイトには出ていない広告が数多くあります。ある意味独占的に出している広告になるので、これらのショップから買い物をするのであれば楽天Rebatesは必須と言っても良いでしょう。

他のポイントサイトを上回る高還元率の広告が多数ある。

楽天Rebatesの特徴として同じショップでも他のポイントサイトを遥かに上回るポイント還元率を維持しているショップがあると冒頭でお話ししましたが、これが最も楽天Rebatesを使う上で重要となる部分です。ポイントサイトを今までに使ったことがある方であれば、色々なポイントサイトを見比べて還元率が最も高いポイントサイト経由で買い物をしたことがあるのではないでしょうか?還元率がずば抜けて高いショップがあるのが楽天Rebatesですので、選ばれる可能性も高くなるということ。

まぁ、もし比べて他のポイントサイトの方が高ければ、そちらを使えば良いだけですからね。取り敢えず楽天Rebatesに登録だけしておき、いつでも比較出来るようにしておくことは必須でしょう。

ポイントアップキャンペーンが随時行われる。

楽天はキャンペーンを利用して顧客を集めたり、買い物をさせたりするのが得意ですが、楽天Rebatesも例外ではありません。例えば、Rebatesフライデーというポイントアップキャンペーンが毎月最終金曜日に開催されるのですが、厳選された18ショップが対象となりいつものポイントに更に加算されることになります。また、毎週火曜日10時に更新されるポイントアップ中ストアで買い物をすれば更にポイントが貰えるなど、お得なキャンペーンが行われることが多いのも特徴です。

ポイントの有効期限は実質永久。

楽天Rebatesで獲得したポイントは、最後にポイントを獲得月から1年という有効期限が付きますが、年に1回以上買い物をすれば常にそこから1年間有効期限が伸びるという事ですので、使い方にもよりますが実質的には有効期限がないポイントとして扱う事が出来ますね。

ポイント交換手数料が無料。

楽天Rebatesは楽天IDと連携されており、自動的にポイントが付与されることになりますので、交換手数料は無料となっています。ポイントの付与はポイントを獲得反映した翌々月の第二金曜日となっており、月に1回は処理されるようになっています。

 

楽天Rebatesと他のポイントサイトの還元率比較

具体的にどんなショップがどれだけのポイント還元をしているのかを表にしてみました。楽天Rebatesには400店以上あるようですが、表にあるショップはイズムが知っているものでランダムに選択しています。あなたが良く使っているショップがある場合はご自身で登録後に確認してみて下さいね。比較はポイントサイトの中で最も有名なHapitas(ハピタス)としています。

2018年7月現在

ショップ名 楽天Rebates Hapitas
ミキハウス 7.5% 1.8%
伊勢丹 7% 2.4%
GROUPON 6% 5.7%
高島屋オンラインストア 6% 3.6%
Dell 6% 5.4%
adidas Online Shop 5% 0.6%
GAP 5% 3.6%
ケンコーコム 4.5% 3.6%
タカラトミーモール 4% 1.2%
イオンショップ 3.5% 1.2%
爽快ドラッグ 3.5% 3%
Loft 3.5% 1.5%
たまひよSHOP 2.5% 1.2%
東急ハンズ 2.5% 1%
ピーチ・ジョン 2.5% 1%

ここに上げたショップはほんの一部に過ぎず、更に多くのショップがポイントを高還元しています。逆にハピタスの方が高い還元率のショップもありますので、そういったショップの場合はハピタスを使えば良いですね。あくまでも楽天Rebatesを使うのは他のポイントサイトと比べて還元率が高い時のみです。

 

いつもの買い物を楽天Rebates経由にするだけで500円バック

高還元率のショップが揃っている楽天Rebatesですが、新規登録をしてから30日以内に3,000円以上の買い物をすると500円のキャッシュバックもしています。例えば、5%のポイント還元が付いているショップであれば、3,000円の支払いに対して、150円分のポイント還元と500円分のポイント還元がありますので、実質的に2,350円で3,000円分の買い物が出来るという事ですね。更にショップ側で独自のポイントを発行している場合はポイントを二重取りすることも出来ますよ^^

500円分のポイントバックは1回限りですが、他にもメリットは沢山ありますので、取り敢えず買い物をする予定があるのであれば登録して500円バックして貰っておかないと損ですね^^;

>> 楽天Rebatesに登録してみる

 

関連記事

  1. リノベーション戸建のバージョンアップで利回りアップ

  2. 仮想通貨のひとつのコインに集中投資?それとも複数のコインに分散投資?

  3. 世界規模での仮想通貨禁止はどうなる?

  4. ノートパソコン

    外出先で記事を書きたいブロガーにお勧めのノートパソコン。6万円台で購入!

  5. Zaifコイン積立

    Zaifコイン積立の始め方。設定や解約の方法から実績公開まで

  6. 仮想通貨は儲かる?

    仮想通貨は儲かる?大暴落中の2018年2月から50万円投資してみた結果

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




筆者

O-ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

>>イズムのTwitter

目的から探す

  1. ファンタジーキッズリゾート船橋

    ファンタジーキッズリゾート船橋店の無料クーポンや割引。店舗概要

    2018.09.18

  2. 冷蔵庫選び

    私が冷蔵庫選びで日立を選んだ理由

    2018.09.15

  3. 冷蔵庫の価格交渉

    冷蔵庫を家電量販店1店舗のみで交渉なしで安く(最安値)購入する方法

    2018.09.13

  4. 新島サーフトリップ

    新島へサーフトリップに行く前に知っておきたい6つのこと

    2018.09.11

  5. みんなみの里

    みんなみの里が無印良品に。お洒落感はあるが田舎感はない。

    2018.09.04