オーストラリアでネットを使うなら日本で海外simを購入するのがお得【実体験】

海外sim

息子の短期留学の為に家族でオーストラリアへ来ました。

オーストラリアでも日本と同じように携帯(スマートフォン)とパソコンを使いたかった為、オーストラリアでもネット環境を整えたいと思い、日本にいる時に色々と海外でネット環境を整えるにはどうすべきか調査していたのですが、結果出て来た案が以下の4つです。

  1. ホテル(お友達の家)のフリーWIFI
  2. ポケットWIFIレンタル
  3. 海外simをオーストラリアで購入
  4. 海外simを日本で購入

 

結論から言うと日本で海外simを購入して持って行くことにしました。

なぜ、「海外simを日本で購入」を選択したのかと実際に使ってみた感想、他の選択肢の良し悪しとお勧めなどをお話しして行きますね。

ちなみに、短期留学期間は41日間ですので、この長さに合ったものをイズムは選択していますので、1週間などの短期旅行の際には違う選択肢も視野に入れて考えるのが良いと思います。

 

ホテル(お友達の家)のフリーWIFIは利用が限定的

今回のオーストラリアでの滞在は、ホテル2ヶ所とお友達の自宅に泊まらせてもらう予定なのですが、まず1ヶ所目のホテルにはWIFIが通っていないことが分かったので、その期間だけポケットWIFIか海外simを使ってネットを使おうと考えました。

ただ、ホテル内か自宅内にいない限りネットを使うことが出来ないので、外に出ている間はネットがない状態になる為、ホテル(お友達の家)のフリーWIFIだけに頼ることは止めておきました。

しかし、ポケットWIFIや海外simを使ったとしても、これらのホテルのフリーWIFIやお友達の家WIFIは併用で使わせてもらおうと思っています。

 

2019年2月11日追記:ショッピングセンターやモール、大手スーパーマーケットの多くはフリーWIFIを完備しているようです。どこに行ってもメールアドレスの登録やFacebookからのログインで使うことが出来るので有効活用しましょう。

 

ポケットWIFIレンタルは少しお高め

そこで、まず候補に上がったのがポケットWIFIをレンタルするという方法です。

これであれば、いつでもどこでもネットを使うことが出来るので、良いかな?と思ったものの料金を見ると高いところだと1週間で1万円弱くらい、安いところでも4,000円ほどでした。

また、ネット上の口コミを確認するとネットスピードや繋がりやすさなどは問題ないようでしたが、電池の持ちが悪いということを多くの方が書かれていたので、いざという時に使えないんじゃ意味がないな~と思い海外simも検討してみる事にしました。

ちなみに、オーストラリアのポケットWIFIで一番安いのはエーブルネットという会社のものでしたが、本家のホームページで予約するよりもVELTRAなどから予約する方が、安くポイントも溜まったりとお得感があります。

なお、良くあるネットで申し込んで日本(自宅や空港で)で受け取り持って行くタイプのものはどれも割高でしたが、割安だった上記のポケットWIFIはオーストラリアの店舗で受け取り返却を行うというものですので、面倒な面はあるものの滞在先の近くに店舗があるのであれば検討してみるのも良いと思いますよ。

 

海外simをオーストラリアで購入は定価になってしまう可能性がある

海外simをオーストラリアに着いてから購入すると考えると基本的には、空港で買う事になると思いますが、それだと恐らく割引などは効かず定価での購入になってしまうかなと考えました。

また、空港に着いたその場でどのプランにするのかを決めないとダメなので、ちょっと不安になってしまいました^^;

そこで、事前に日本で購入して持って行くという方法はないかネットで検索してみるとAmazonで購入できることが分かったのです。

 

海外simを日本で購入が費用的にも気持ち的にも楽

オーストラリアで使えるsimをAmazonで色々見てみるといくつかあったのですが、容量が多く長期間使うことが出来る海外sim(28日間で30G+25G)があったので、こちらを購入してみる事にしました。

他にもAmazonを見ると海外simはいくつかありましたよ。

海外sim

購入する前は本当に使えるのかなど、少し不安にはなりましたが、商品が届くとその不安はある程度解消されました。

というのも、届いた海外simはオーストラリアの大手キャリアOPTUSのものだったからです。

海外sim

実際のsimを見てみると様々なサイズに対応したsimでしたので、イズムが使っているiPhoneにも対応しているようでした。

また、日本語で現地でのアクティベート方法なども説明が確りと書かれているので、ありがたいですね。

海外sim

ただ、かなりの大容量の割には3,180円と激安だったので心配な面もあった為、一応、OPTUSのホームページを確認したところ全く同じプランのものが50ドルで売られていましたので安心できましたね。

海外sim

定価で50ドル(4,000円ちょいくらい)のものが3千円程度で日本で購入出来たのは助かりました。

なお、こういった海外simは現地のWoolworthやColesなど、大きなスーパーマーケットで売られています。

海外sim

実際にオーストラリアのスーパーマーケットに行って確認してみましたが、全く同じものが売られているのが分かりました^^

海外sim

現地ではたまに半額になったり割引された状態で売られている事もあるそうなので、オーストラリアに付いてすぐにはネットや電話は必要ないという方は、探してみても良いかも知れませんね。

2019年2月11日追記:いくつかのスーパーマーケットに日々通っていますが、割引されているのを今のところ一度も確認できていません。日本で購入して持ち込むのが良さそうです^^;

 

日本で買った海外sim(OPTUS社simカード)を実際に設定してみました。

オーストラリアの空港に着いてすぐにレンタカー屋さんへ電話しなければならなかったので、空港でOPTUS社simを開通してみました。

 

設定方法はとても簡単で、simと一緒に送られて来たピンでiPhoneのsimカードを抜き、OPTUSのsimカードを差し込みます。

www.optus.com.au/activateにアクセスすると以下の設定画面が出て来るので指示に従って必要事項を入力していくだけです。

ちなみに、スマートフォンはシムフリーになっている必要があるので注意して下さいね。シムフリーの意味が分からない方はネットで検索してみましょう!

海外sim

簡単に説明すると

  1. simカードに書かれている13か19桁のsimナンバーを入力
  2. 性別・名前・苗字・生年月日・メールアドレスを入力
  3. オーストラリアの宿泊先を入力
  4. 電話番号を選択
  5. プランを選択
  6. パスポート番号・名前・苗字・生年月日・パスポート発行国(JAPAN-JPN)を入力
  7. 最後に「ACTIVATE」

こんな感じです。

 

しばらく待つとOPTUSからSMSが送られて来るので、電話番号などを確認しておきましょう。

ちなみに、宿泊先住所は地番から入れて行き、ストリートを入れて行くと、自動的に該当する住所が出て来ますので、選択すれば大丈夫です。ある程度適当な住所でも大丈夫そうでしたね。

また、プランの選択では、50ドルのものを購入しているので、ある程度好きなプランを選択出来ました。

 

例えば、28日間で30G+25Gや42日間で15Gとかですね。逆に期間を短くも出来ると思います。

イズムたちは逆に28日間だと短いので42日間で15Gのプランを選択しました。

期間を長くすると使えるG数は減りますが、50Gも不要だったので42日間と長めのプランを選択した次第です。

 

無事に開通出来ると以下のように画面左上のキャリアがOptusになります。

海外sim

なお、My Optusというアプリをダウンロードすれば、このように今どれくらいのG数を消費したのかが分かりますので便利ですよ。

海外sim

このアプリは日本で事前にダウンロードすることが出来るので、先にインストールしておけば楽ですね。

 

ちなみに、どうしても開通させることが出来ない場合は、街中やショッピングセンターにOPTUSのショップがあるので、行けば全てやってくれると思いますよ^^

海外sim

 

日本で買った海外sim(OPTUS社simカード)の電波やネット状況

開通してから3日ほど経ちましたが、電話やネット状況はすこぶる順調です。

電話も途切れる何てこともないですし、ネットも日本とほぼ変わらない感じのスピード感がありますね。また、デザリングなども問題なく出来ますので、パソコンや他の機器でもネットを使う事も出来、ポケットWIFIと同じ使い方が出来るので便利です。

ただ、夜の20時~22時くらいになると少し遅くなる感じはします。

 

後は、スプリングブルックやラミントンなど山の方へ行ってみて、電波状況がどうなのかは、後日行った後にアップしますね。

2019年2月11日追記:先日、カランビン バレー側のスプリングブルックに行ってみましたが、山の中は圏外でした。他の大手キャリアVodafoneなどはどうなのかは不明なので、お試しいただいたことがある方は情報提供していただけると助かます^^

ちなみに、土ボタルで有名なナチュラルブリッジやツインフォールズの方面のスプリングブルック、ラミントン国立公園(オライリー)などでは普通に電波は入りました!

 

イズムは、日本で海外simを購入して持って行き、オーストラリアに着いたらすぐに開通する方法を取りましたが、海外simは不安と感じたり、期間によってはポケットWIFIを検討するのも良いと思います。

 

2019年3月14日追記

オーストラリアの41日間の旅を終えて帰国しました。

42日間15Gプランを使い、帰国数日前で7.34G残っていましたので、41日間で7.66Gしか使わなかったという事になります。

海外sim

オーストラリアでは、ショッピングセンターやホテルなどあらゆるところで無料wifiを使うことが出来るので、あまり減らなかったというのが正直なところです。28日間30G+25Gのプランを選択していたら追加料金が発生していたので、42日間プランを選んで正解でした^^

参考までに。

関連記事

  1. 冷蔵庫の幅

    冷蔵庫の幅と搬入時に通る扉の隙間がギリギリだと危険?

  2. ペッピーキッズクラブ料金

    いすみ市や勝浦市の(英語)英会話教室を息子に体験させてみて感じたこと。【教室決めました】

  3. 蚊取スプレー

    海外旅行で持って行って良かった物、持って行けば良かった物。

  4. はじめてのえいかいわえほん

    英語を学べるタッチペン絵本なら【はじめてのえいかいわえほん】一択

  5. エアー地下足袋の12枚こはぜで紺色(藍色)が売ってないから自作

  6. Coombabahコアラトレイル

    レンタカーで行ってみて楽しかったゴールドコースト観光地

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




筆者

O-ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

イベント投稿

無料で房総半島のイベントを告知出来ます。

>>イベント投稿フォーム

目的から探す

  1. 萩原公園(茂原交通公園)

    萩原公園(茂原交通公園)で交通ルールを学びながら遊ぼう!無料で…

    2019.06.09

  2. 簡易倉庫の作り方

    素人でも出来る簡易な倉庫(サーフボード置き場)と引き戸の作り方

    2019.05.30

  3. マネコ

    【マネコ】プロのトレードを真似て仮想通貨の自動売買

    2019.05.17

  4. セルフバック

    ポイントサイトに似た仕組みのセルフバックを経由するだけでちょっ…

    2019.05.14

  5. ポッポの丘

    電車好き集まれ!入場無料のポッポの丘【鉄道車両保存見学施設】

    2019.05.07