カジノのルーレット必勝法!フィリピンのマニラでの実体験

カジノのルーレット必勝法

今回は房総半島には無関係ですが、フィリピンに仕事で行き、ついでに行ったカジノでのお話しになります。普段ギャンブルは一切しませんが、仕事仲間から折角フィリピンに来たのだから行こうと誘われて行ってみました。

カジノ初体験ながら、先輩に伝授された必勝法を試して本当に勝てるのかを実験しながら遊んでプレーした記録です。この必勝法を理解することで、自分はカジノで遊ぶのにいくら必要なのか(いくら持って行けば良いのか)も計算出来ますよ。または、最低賭け金を導き出すことも可能です^ ^

カジノのルーレット必勝法に付いて詳しくお話しをしたいので、ルーレットの細かいルールに付いてはお話ししません。他のサイトで確認して勉強して下さいね。また、言葉で説明するのは難しいので分かり難い箇所もあるかとは思いますが、ご了承下さい。何せイズムも初めての体験でしたので^_^;

カジノのルーレット必勝法

ちなみに、この入口より先は写真撮影禁止だったので、写真はありません。文字のみでの説明になりますが、ご了承下さい。

 

どの目に賭けるのかを決める

まず、掛けるのはBlack or Redまたは、Even or Oddのどれか1つです。黒か赤、偶数か奇数ですね。

確率的には大まかに48~49%。あれ?50%じゃないの?と思った方はルーレットのルールを確り勉強しましょう。0(緑)があるので、50%じゃないんですね。台によっては0と00があるので、48%ちょいの台もありますので注意。少しでも50%に近い0一つの台を選びましょう。実は、この0が勝負する上で曲者なんですよね。

 

次にチェックするのは、今まで出た数字と色のチェックです。過去数十回くらいまでチェックして黒が多いのか、赤が多いのか、奇数が多いのか偶数が多いのか、また、連続で出ていないかを確認します。そして、その中で最もバラけているもので1番多く出ている目を探し出しましょう。

 

ケース1

例えば、黒黒赤赤黒黒黒赤黒黒赤黒黒黒赤黒黒赤黒赤黒黒となっている場合は、黒を選択すべきです。理解出来るでしょうか?^_^;

同時に奇数偶数も出てるので確認します。

例えば、奇偶奇偶奇奇奇偶奇奇奇偶奇奇偶奇奇偶奇奇偶奇となっていたら、奇数を選びます。

次に、黒赤か奇偶どちらを賭けるかを選択します。

 

ケース2

例えば、黒黒黒黒赤黒黒赤赤赤赤赤黒黒黒黒赤赤黒赤赤赤赤赤赤

奇偶奇奇奇偶奇奇奇偶奇奇偶奇偶奇奇偶奇偶偶偶奇奇奇偶奇奇偶

となっている場合は、黒と赤の方は連続して出ているので避けます。逆に奇と偶の方はバラけているので、こちらを選択します。そして、奇数の方が出ている目の数が多いので、奇数を選択します。上記の場合は、奇数に賭けるのが最も勝つ確率が高いと言うのがイズムの見解です。

このように連続で出ておらずバラけている方の組み合わせで、最も多く出ている目を選択すること。ただ、確率で考えるとどれを選択しても一緒だが…ディーラーの癖もありますし精神的に楽になる方を選んだ方が良いですよね。

そして、この選んだ目を常にBetします。

 

賭け金の決め方

次に賭け金の決めた方です。

賭け方の基本となる倍率は、以下の通り。

1回負ければ次のゲームで賭け金を倍々に増やして行きます。

 

1

2

4

8

16

32

64

128

256

512

 

例えば、分かりやすく最初は100円を賭けたとします。

100円

200円

400円

800円

1600円

3200円

6400円

12800円

25600円

51200円

 

1回目賭け金を奇数に100円入れて負けたら、2回目は奇数に200円賭けます。(この時点で含み損は300円)

2回目も負けたら、3回目は奇数に400円賭けます。(この時点で含み損は700円)

3回目も負けたら、4回目は奇数に800円賭けます。(この時点で含み損は1500円)

ここで奇数が出て勝てば1600円返ってくるので、100円プラスになって勝利です。

 

負ければ倍々に賭けて行けば、勝った時点で1番最初に賭けた賭け金が利益になるということです。これは何連敗しても同じということ。

これで含み利益100円になりました。

次に、100円を奇数に賭けます。

1回目で奇数が出れば、更にプラス100円で含み利益200円。

 

次に100円を奇数に賭けます。

1回目に負ければ200円を奇数に賭けます。

2回目も負ければ400円を奇数に賭けます。

ここで勝てばプラス100円になり、含み利益300円。

 

このように賭けて奇数が出た時点で毎回100円(一回目に賭けた賭け金)が利益に加算されて行くということです。では、100円ではなく1000円を1回目に賭ければ奇数が出た時点で毎回1000円が利益に加算されて行くということが分かりますね。しかし、注意すべきは、負ければ賭け金が倍々化して行くということです。

 

賭け金を1000円でシミュレーションしてみましょう。

1000円

2000円

4000円

8000円

16000円

32000円

64000円

128000円

256000円

512000円

 

もし、10回連続負けた場合には、元手金が以下のように目減りしていきます。()内が含み損です。

1000円(1000円)

2000円(3000円)

4000円(7000円)

8000円(15000円)

16000円(31000円)

32000円(63000円)

64000円(127000円)

128000円(255000円)

256000円(511000円)

512000円(1023000円)

 

9連敗した時点で511000円の元手資金が必要だと言うことが分かりますね。10連敗すれば1023000円必要です。1回目の賭け金が大きければ大きいほど連敗した時の必要資金が大きくのしかかる訳です。

そして、資金が尽きた時点で負けが確定されます。10連敗なんてないだろうと思っていても実際にはあり得なくはないとうのが現実ですね。資金が103万円ある場合で、奇数に賭けて10回連続で偶数が出ると負け確定と言う訳です。かなり可能性は低いですが、あるかも知れないと言うのがギャンブル。

 

イズムの場合は8連敗なんてないだろうと思っていましたが、7連敗まで行った時は心臓バクバクでしたね。後一回負ければ投入資金と含み益が全てなくなる状態まで追い詰められたんです^_^;8回目(最後のチャレンジ)で勝ったので全て取り戻すことが出来ましたが、8回目の時点で残高は含み益分しかなかったので焦りましたよ。ここで注意すべきは決めた目を途中で変えないということ。もし、イズムが7回連続偶数が出て7連敗している時点で「もしかすると8回目も偶数が出るのではないか?」と思い込んでしまい自分で決めたルールを無視して偶数にBetしていた場合は、負けていたことになります。数時間かけて得て来た含み益(投入資金)が一瞬にして消えていたのです。重要なのは感情的にならずに自分が決めたルール(目)を守ること。

 

話しを戻します。

これで分かるように8連敗しても大丈夫なように資金を用意すること。(可能なら10連敗も耐えられる金額)逆に出せる資金を設けて逆算して一回目の賭け金を決めることも出来ますね。

例えば、資金が15万しかない方は、一回目の賭け金が100円が最大だと言うことが分かります。そして、賭け金の1回目が200円の場合は資金が204600円必要だと言うことです。もちろんゲームを勝ち進み資金が増えてくれば、途中から賭け金を上げて行くのもありです。

後は、一回勝利毎に得たい金額から必要な資金を計算して下さい。または、用意出来る資金から一回目の賭け金を計算して決めましょう。

 

細かいお話しをすると、他にもいくつか注意事項がありますが、まずはイズムの成績から^ ^

以下は、イズムの実際に勝負した2日目(途中から)の成績表です。

元手資金は、50000円。

 

つまり8連敗するとイズムの負けで、7連敗までに抑えられればイズムの勝ちが確定すると言うことです。(なぜ7連敗までの想定なのかは後程の説明で理解できると思います。)資金が50000円なので、一回目の賭け金は200円と導き出されます。(この根拠も後ほど)

一回目の賭け金を200円としましたので、1が200円で2が400円ということになります。つまり数字に200をかけた数字が実際の賭け金です。ですから、16は3200円、128が25600円。

1、2で終わっていれば、一回目で負けて2回目で勝ったという意味合いです。

8で終わっていれば、3連敗して4回目で勝った、64で終わっていれば、6連敗して7回目で勝ったということになります。

 

1 2

1 2

1 2 4 8

1 2 4 8 16

1

1 2 4 8 16

1 2

1 2 4 8 16

1

1

1 2 4 8

1

1 2

1 2

1 2 4

1

1

1 2

1

1 2 4

1

1 2 4

1 2

1

1 2

1 2

1

1 2 4 8

1 2

1 2

1 2 4 8 16

1 2 4

1

1 2

1 2

1

1 2

1 2 4 8 16 32

1

1

1

1

1 2 4

1 2 4 8 16 32

1

1

1

1

1 2 4 8

1 2 4

1

1

1 2 4

1 2

1 2 4

1

1

1 2

1 2

1 2

1 2

1

1

1

1

1

1 2

1 2 4

1

1 2 4 8

1 2

1 2

1 2 4 8

1

1

1 2

1 2

1 2

1 2

1 2

1

1 2

1 2 4 8

1 2

1

1 2

1 2 4 8 16 32 64

1

1 2

1 2

1

1 2

1 2 4

1 2 4 8 16 32 64 128

1

1

 

前半は、4連敗から5連敗が多いですが、最後の方には7連敗もありました。後半は、含み益も多くなって来ているので、より慎重な対応が求められます。

 

事前に知っておきたいルーレットの注意点

ルーレットをする上での注意事項。

  • 一回のゲームで賭け金の上限がある。
  • 一箇所に賭けられる賭け金の上限がある。

これは台によって変わって来ますので、賭け金が安いエリアに行けば上限が安くなりますから、遠慮なくなるべく賭け金が高いエリアに行きましょう。最初は賭け金が安くても連敗が続けば、賭け金はかなり高くなって行きますからね^_^;

イズムが遊んだ台は、一回のゲームで最大賭け金が20万円(ペソ換算では10万ペソ)で、一箇所の最大賭け金が5万円(2.5万ペソ)でした。ですので、一回目の賭け金を300円以上にすると7連敗した時点で一箇所に賭けれる賭け金の上限を超えてしまうので、一回目の最大賭け金は200円に留めておいた方が8回目まで勝負出来るので有利になります。これが先ほどお話しした7連敗を想定した理由と一回目の賭け金を200円とした理由です。そうせざるを得ないということだったんですね^^;

もし、イズムが欲をかいて一回目の賭け金を300円以上に設定していた場合は、最後の最後で負けが確定されていたのが分かりますか?他の場所に賭ける方法もありますが…あくまでも自分の賭け方のルール確率上では負けが確定です。

これらのカジノ側のルールを交わすには、一つの目に300円賭けるのではなく、奇数と黒など同時に二つの目に200円と100円を賭ければ対処できますよ^^もちろん200円づつでもOKです。ただし慣れていないと間違えてBetしてしまうこともあると思いますのでご注意を!

 

ルーレットをする上での曲者

0(緑)が曲者。

この0は、ディーラーが最も狙ってくる目でもあります。何故なら黒でも赤でも奇数でも偶数でもないからです。あくまでも0に賭けている人しか勝てない目なので、0を出せばその勝負はディーラーの勝ちがほぼ確定しますからね。

ですから、予防線として5連敗して6回目以降の勝負には、勝ち進んだ利益が目減りしてしまいますが、一回目と同額の賭け金を0に一緒に賭けておくというのも手だとは思います。(0が出れば36倍なので、半分は確保され損失が半分になります)

こういう追い込まれたプレーヤーが絶対に勝ちたい場面で0を出してくるんですよね^_^;

 

イズムたちが勝負した時もこういう場面は実際に数回ありました。常に無表情で投げているディーラーがその時はニヤニヤしながら、こちらを見ていました^_^;

 

ディーラーが変われば流れも変わる

玉を投げる人が変わると流れは変わる。これは確実にあります。何故なら、先ほどの0を狙って出してくるディーラーもいるからです。特に、やる気がなさそうで、あくびをしていたり、うつむきながらダラダラ~としながら投げるディーラーは要注意です。こういう人は確実に0を出して来ます。

人が変わると0の出現率が大幅にアップすることもありますからね。そういう時(0を出すディーラーだと分かる場合)は、利益の進み具合は半分になりますが、勝ちが出た次のゲームだけ勝って得た含み益の半分を0に賭けると言うのもありだと思います。半日も居れば、ディーラーは何回転かしますので、誰が0を多く出すのか分かってきますよ。

 

このルーレット必勝法は一攫千金ではなく地道な勝ち方

ここでお伝えしたカジノのルーレット必勝法は、あくまでも確実に勝つことを目的としており、一気に数十倍などを狙ったものではありません。コツコツ勝ちを積み重ねて行く方法です。また、確実とは言っていますが、連敗にも限界はあります。イズムが体験した場合では8連敗した時点で負けが確定でした。(7連敗まででしたので最終的には利益を得ることが出来ましたが^^)

資金が尽きた場合やカジノ側が決めた賭け金の上限に達した場合は負けが確定しますので、勝てる確率は100%ではありませんので悪しからず。(カジノ側も上手くルールを設定しているものですね;)

ただ、普通に何も考えずに毎回1000円など同額を賭け続けるよりも勝つ確率はぐんと上がります。何故なら、黒赤、奇数偶数で勝つ確率は50%ではなく48%から49%くらいだからです。何も考えずに賭け続けると徐々に目減りして行き、最終的にはほぼ負けると考えた方が良いでしょう。

 

最後にイズムが実際に遊んで出した利益ですが、50000円の予算で、最終28400円でした。(元々ギャンブルが好きな訳ではないので少額投資で少額利益を狙いました)換金所で78400円返って来たと言うことですね。これだけ遊んでお金を貰えるんですから儲けものです^ ^

ヒヤヒヤした場面もありましたが、ほとんどの時間は冷静に判断して間違えずにBetし続けてられました。

感情的にならないこと。

実はこれが重要だったりします。

連敗が続くとどうしても奇数(自分で決めた目)ではなく偶数(自分が決めた目ではない方)に賭けたくなってしまうんですよ。でも、そこは我慢して自分が決めたルールを確実に守り無感情で対応することです。ルールを破った途端に負けるということもあり得ますから。また、資金が多くあり大きく勝ちたいのであれば、一回目の賭け金を高く設定しましょう。

ただし、一回目で1万円入れるのであれば、必然的に投入資金は1000万円以上必要になって来ますし、連敗が続くと冷静な判断が出来なくなってしまいルールを自ら破ってしまい負けを確定させてしまう可能性も出て来ますので注意して挑んで下さい。また、カジノ側の賭け金上限などのルールもゲームを始める前にチェックが必要ですね。

 

この記事を読んでいただいていると言うことは、これからカジノに勝負しに行くという可能性が高いでしょうから、このルールに従い冷静な判断で頑張って来て下さいね^ ^

 

 

こちらはOKADA MANILAの外観です。金色に輝くガラスがカジノらしい姿をしていますね。

カジノのルーレット必勝法

入ってくる車を1台づつチェックしていきます。警備員はライフルなどを所持しており物々しい雰囲気です。

カジノのルーレット必勝法

車を降りてもセキュリティチェックは続きます。

カジノのルーレット必勝法

こちらはカジノ内に展示してありましたが、景品でしょうかね?基本はカジノ内の撮影は禁止ですが、こっそりと撮って来ちゃいました^^;

カジノのルーレット必勝法

人生初のカジノ体験でしたが、こんなに少額にも拘わらず連敗が続いた時はハラハラするわドキドキするわで大変でした。(イズムが小心者なのでしょうか 笑)ただ、良い人生経験にはなったと思います。7連敗した時にはカジノの恐ろしさも感じましたし、カジノの面白さも感じることが出来ました。更に高額にチャレンジする勇気はありませんが、その勇気があれば数十万数百万と儲けることも可能なのでしょう。

ギャンブルはほどほどに。

ちなみに、本物のカジノまでは行けないよ、という方には、日本でもスロットやポーカーなどで遊べるオンラインゲームもありますので、こういったネット上の遊びで学んでみても良いかも知れませんね。

2018年7月6日追記。

先日、仕事仲間が再びフィリピンに行き、カジノで挑戦して来たようです。結果は15万円ほどの勝ちだったとか^^うらやまし~。旅費が無料となりプラスでお小遣いまで持って帰って来ていましたよ。その人もここで紹介したルーレット必勝法を使って勝負をしたそうです。ちなみに、なるべく多く賭けたいということで、赤黒・奇偶・1~18、19~36の3つの目で1ゲーム3つの勝負を同時進行で行ったとのこと。これで短時間で高い賭け金を使わずに15万円を手にすることが出来たと言っていました^^

  • コメント: 0

関連記事

  1. ブロックチェーンとは

  2. ファンディーノ

    FUNDINNO(ファンディーノ)の登録方法。審査落ちしない適格者とは

  3. 世界規模での仮想通貨禁止はどうなる?

  4. 仮想通貨大富豪たちは大暴落の度に資産を増やしている事実

  5. 仮想通貨の投資が不安な方は、まず無料でもらいましょう。

  6. Ledger Nano Sの受信アドレスがすり替えられてしまう攻撃が発覚

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




筆者

O-ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

>>イズムのTwitter

目的から探す

  1. 子供の海外旅行保険の節約

    子供の海外旅行保険の料金を93%オフにした方法

    2018.10.18

  2. スキマ留学

    佐藤圭さんのスキマ留学を受講した結果!

    2018.10.17

  3. キャメルゴルフ&リゾートホテル

    キャメルゴルフ&ホテルリゾートはゴルファーだけでなく子供連れの…

    2018.10.15

  4. 御宿台秋祭り

    御宿台秋祭りは子供も大人も楽しめる

    2018.10.13

  5. 雑草対策、固まる砂

    固まる砂(土)とタイルで雑草対策をしてみました。

    2018.10.12