米格付機関による仮想通貨の格付けが発表されました。結果を一部公開

米老舗の格付機関であるWeiss Ratings社が仮想通貨の格付けを発表しました。この格付機関は1971年に設立されており信頼性があり独立的存在であるため、多くのメディアが注目しています。Weiss Ratings社は、価格変動などによるリスク指数、過去の売買情報を基にした収益指数、ソースやホワイトペーパーなどの分析から得られるテクノロジー指数、普及率や取引スピードなどから測定された採択指数、これら4つの指標を基に格付けしているとのこと。

 

複数の仮想通貨の格付けを見るには有料とのことでしたので、一部高評価を得ていた仮想通貨のみを記載させていただきます^^

  • Bランクと評価された仮想通貨は2つのみで、ETHとEOSです。
  • B-ランクと評価されたのは、NEOとADAとSteemです。
  • C+ランクと評価されたのは、BTCDashLTCXEM、ARK、BTS、GBYTE、Decred、IO Coin
  • Cランクと評価されたのは、XRPETCLSKZEC、KMD、QTUM、XVG、WAVES、AEON、XAS、BLK、BLOCK、BURST、BCN、XCP、DOGE、XMR、NAV、NEBL、NXS、NXT、PPC、PIVX、XRB、SHIFT、SMART、XLM、STRAT、SYS、VTC、XBY、XZC

 

最も良い評価だったのが、ETHとEOSでしたね。ETHは日本の取引所でも購入することが出来るので少しでも所有しておく価値はありそうです^^ちなみに日本の取引所で扱いがある仮想通貨は赤で記載しています。次にNEOとADAとSteem、ADAがこの位置に来るとは思いませんでした。

イズムは、ETHとEOS、BTC、XEM、XRP、KMD、QTUM、XVG、WAVES辺りを持っていますが、ETH、WAVES、QTUMが少し上昇、KMDが一旦上昇し元に戻ったくらいで、そこまで大きな価格変動は見られませんでした。まぁ、市場全体が冷え込んでいるタイミングですから致し方無いかも知れません。これをきっかけに市場全体が上昇してくれれば良いのですが。

 

この格付けは、日々更新されていくようですので、プロジェクトの進行次第では上位ランクに躍り出てくる仮想通貨も出て来るかと思いますが、その時が面白そうですね。何となくNEOとETHあたりが高評価になることは予測付いていましたからね^^;

ちなみに、ツイッターなどで流れている格付けは偽物のものが多いので注意して下さい。正確な情報をという方は、Weiss Ratings社の公式サイトから登録して見るようにしましょう。

 

あ、後Bランクからの評価でしたが、Aというランクも存在するので、今後Aランクに入った仮想通貨は将来有望かも!?

 

関連記事

  1. MyEtherWallet等で無料GET!Airdrop情報5つ

  2. サイトの表示スピードの改善でやったこと

  3. Liquid

    QUOINEが運営する仮想通貨取引所のLiquidで最大23,000円相当が貰える!具体的な登録方法。

  4. 株式型クラウドファンディング

    未公開株を購入する事が出来る株式型クラウドファンディング

  5. 仮想通貨の投資を始める上での注意事項

  6. 狙ったキーワードで上位表示されるまでにした事は2つのみ。ブログがPV0⇒PV20,000

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。






Liquid by Quoine

筆者

O-ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

>>イズムのTwitter

目的から探す

  1. 海外レンタカー注意点

    オーストラリア(海外)のレンタカーを予約する時の3つの注意点

    2018.11.09

  2. インターネットが繋がらない時の対処法

    突然インターネットが繋がらなくなった時の対処法。ルーターBUFFALO…

    2018.11.06

  3. オーストラリアの親子留学

    オーストラリアの親子留学でかかった費用を全て公開(出発前編)

    2018.11.05

  4. オーストラリアの親子留学

    オーストラリアへの親子留学で今のエージェントを探した方法と決め…

    2018.11.05

  5. 岩和田みなと祭り

    御宿の岩和田みなと祭りってどんなイベント?

    2018.11.04