2018年こそ本当の仮想通貨バブルが起こるのか!?

2017年は仮想通貨元年と称されて、2017年12月にはビットコインが暴騰を見せバブルの様相を呈していました。

ビットコインのチャート

このチャートを見て多くの人が「仮想通貨バブルだ!」と言い始めました。そして、2018年の1月から2月現在にかけて大暴落。200万円から60万円程度まで値を下げることとなります。この状況を多くの人が「仮想通貨バブル崩壊」と言っていますね^^

ビットコインのチャート

これから先どのような動きをするのかは誰も知りようがないですが、面白い展開になるのではないかとイズム個人的には思っています。

 

そう言えば、こういった面白いブログ記事がありました。

やっぱりビットコインはチューリップバブルだった!!下の画像はこちらのブログからお借りしました^^;仮想通貨の下落と共にブログも削除されてしまったようです・・・

チューリップバブル

こちらのチャートは、良くビットコインが比喩されるチューリップバブルのチャートです。一気に急上昇して一気に下落し、過去の価格よりも遥かに下回る価格になっているのが見て取れます。しかし、ビットコインのチャート現在のチャートは、上図の白くしてある箇所なのではないか!?というネタです^^

ビットコインのチャート

だから、これから緑の線の様に急激に上がって行くのではないかと。こちらの画像もブログからお借りしています^^;

チューリップバブル

これが正に現実のものになれば、2018年末のビットコイン価格の予測は?1100万円。も現実となりそうですね^^

この予測は確かに無理があっちゃあ無理があるとは思いますが、この半分くらいは行ってもおかしくはないとイズムは思っています。その理由を簡単にお話しして行きます。

 

仮想通貨に対するメディアの過熱報道による影響

コインチェックのハッキング事件、ビットコインの大暴落とメディアに取っては報道する上ではネタに欠かない仮想通貨市場ですが、ネット上のニュースでも多くの仮想通貨ネタが取り上げられていますね。yahooニュースの一覧を見て下さい。連日仮想通貨に関する記事たトピックされていますよ。

2017年の仮想通貨暴騰により億り人と称される人が大勢出たと言われていますが、これからの納税のタイミングでその億り人の中から破産者や脱税者が出て来ることは間違いないでしょう。

これらのニュースを見た人の一部は、仮想通貨に興味を持って来る人も出て来るでしょうし、仮想通貨で億も稼げるのかと認識し自分も出来るのではないかと新規参入を試みる人も大勢出て来るでしょう。そうなると2017年12月の再来とばかりに仮想通貨市場が盛り上がる可能性は大いにあり得ます。

 

証券会社による仮想通貨取引所の開設

ネット証券大手のSBIが仮想通貨取引所を開設したのは、多くの方がご存知だと思いますが、これからその後に続けと多くの証券会社が取引所の開設をして来ることになると思われます。これは、今まで証券会社で株の取引やFXなどを行っていたユーザーが仮想通貨市場へ流れることを見越して当然の行動でしょう。特にネット証券会社などは顧客の囲い込みを行いたいと思っているでしょうからね。

大手の証券会社が取引所を次々と開設することで、今まで仮想通貨を怪しいと思っていた証券プレーヤーたちもこぞって参入して来る可能性も出て来るでしょう。

 

アメリカ証券取引委員会(SEC)によるETF

昨年の12月に仮想通貨市場が活況になったひとつの理由として2件の先物上場による機関投資家の参入があげられていますが、SECによるETF(上場投資信託)が認可されれば、更に機関投資家の参入障壁が減りますので、大いに盛り上がることは間違いありません。また、様子見をしていたアメリカの個人投資家の参入も同時に期待が持てるでしょう。(アメリカの投資家は既に多く参入しているでしょうけど、更に見込めるかと。)

 

MUFGコインなど大企業による仮想通貨発行や中央銀行による仮想通貨発行

MUFGコインは既に社内での試験が始まっており、今後一般のユーザーへも発行が始まることは確実でしょう。このMUFGコインは法定通貨ペッグとなっているので、一般消費者から見ても取り扱いしやすい仮想通貨ということになりますね。投資に興味のない消費者から見ると今のビットコインなどは危険以外の何者でもないでしょうから^^;仮想通貨で決済が広まるとすればこういった法定通貨ペッグのコインが使われるようになって来るかと思います。

また、国単位での仮想通貨発行のニュースもこれから本格的になって来るかと^^こういった大手企業や国が仮想通貨の発行を始めることで仮想通貨に対する悪いイメージは劇的に変わって来るでしょう。

 

大企業によるマイニング参入

日本の大手IT企業であるGMO、DMM、SBIなどが相次いでマイニング事業への参入を進めています。これらも多くの人が周知して来ると仮想通貨のイメージも大きく変わるでしょうね。近い未来には仮想通貨はごく普通の存在になることは間違いないかと思われます。

 

ここにあげた今後仮想通貨市場が成長するであろう理由は、ごく一部にしか過ぎません。世界レベルでは更に衝撃的なニュースが2018年には流れて来るでしょう。現在、仮想通貨市場は大暴落から少し堅調な動きを見せるようにはなりましたが、下落傾向はしばらく続く可能性もあります。ただ、長い目で見た時には良い方向へ進むかと思われます。

   

お勧め記事

関連記事

  1. 一休.comペア食事券

    母の日や父の日のプレゼント。今までに色んな物をあげて来てネタが尽きたあなたへ

  2. 嫌な事から逃げるのはダメなのか?

  3. MyEtherWalletで受け取れるAirdrop5つ作業は単純です。

  4. Liquid

    QUOINEが運営する仮想通貨取引所のLiquidで最大23,000円相当が貰える!具体的な登録方法。

  5. おすすめの仮想通貨取引所!金融庁から認可登録済みの中で比較

  6. 変わりゆくICO

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




筆者

著者イズム

房総ismの記事は全てイズムが執筆しております。房総半島の御宿町へ2017年に移住、移住後にイズムが体験したお金や地域の生の声を記事にしています!

>>イズムのプロフィール

 

イズムは不動産業界歴17年、会社経営12年、戸建投資歴5年になります。

イベント投稿

無料で房総半島のイベントを告知出来ます。

>>イベント投稿フォーム

目的から探す

  1. 保険金支払い割合

    ペット保険のおすすめやランキングを信用してはいけない【自分で考…

    2020.07.06

  2. ラバーカップを使わないトイレつまり解消法

    【簡単】素人がトイレのつまりを直した方法。ラバーカップ(スッポ…

    2019.12.12

  3. 筒森もみじ谷の見どころ

    筒森もみじ谷の紅葉を見て来ました。【養老渓谷すぐそばの穴場】

    2019.12.06

  4. 日本人講師のオンライン英会話の最安値

    日本人講師のレッスンを受けられる子供オンライン英会話の最安値

    2019.12.02

  5. 宅水検の採水容器

    井戸水の水質調査の費用を抑えるならオンライン検査が楽でお得

    2019.12.02